画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●Apple Pencilがより重要なツールに

iOS 11は2017年6月に開催された「WWDC 2017」で発表され、開発者や登録した一般ユーザー向けのプレビューが行われてきた。iPhone 5s以降のiPhoneシリーズ、iPad Air以降のiPadシリーズ、iPad mini 2以降のiPad miniシリーズ、iPod touch(第6世代)で利用可能で、対応機種では無料でアップデートできる。

iOS 11でAppleが特に強調しているのは、「iPad向け最大のリリース」であるということ。今回、次回は、iPad Pro 10.5インチとiOS 11の組み合わせによるiPadの進化について、実際にiPadのみで仕事をしながら考えていきたい。

ちなみに今回の原稿は、iOS 11にアップグレードしたiPad Pro 10.5インチと、愛用しているテキストエディタアプリ「Ulysses」、iOS標準の「メモ」、アウトライン編集アプリ「CloudOutliner 2」を組み合わせて作成している。ワークフローについては、次回紹介する予定だ。

Appleは2015年11月にiPad Pro 12.9インチをリリースし、iPadをクリエイティブの道具としてプロユーザーに訴求した。そのツールとなったのが、白いシンプルなデザインが特徴のApple Pencilだった。Apple Pencilは先端の筆圧検知と傾き検知が可能な、非常に高速に反応するスタイラスだ。初代iPhone発表時、Steve Jobsは「誰がスタイラスなんて欲しいんだ?」と指で直接操作するマルチタッチディスプレイを紹介した経緯があるが、こういった製品をAppleが投入してきたのはなかなか興味深い。一方で、Macに対しては、タッチディスプレイやスタイラス利用を標準化することを避け、MacとiPadを明確に区別してきた。

対してSamsungは、GALAXY Noteシリーズで、大型のスマートフォンについて、ペンでの操作を持ち込んでいる。またMicrosoftは、Surfaceシリーズで、PCを積極的にタッチ対応させ、スタイラスも導入した。Surface Penは性能にも定評があり人気の理由となっている。

iPad ProとApple Pencilの組み合わせは、スマートフォンもしくはファブレット市場、そしてPC市場に対するAppleなりの答えであり、iPadのAppleにおけるラインアップの位置づけを明確にする象徴的な存在が、Apple Pencilとなるのだ。iOS 11では、Apple PencilがiPad Proを使う上で、より重要なツールに位置づけられ、iPad Proを選ぶ大きな動機付けを生み出している。今回はiOSで標準的なApple Pencil活用について、ご紹介していこう。

●何でもマークアップ

iOS 11では、OS標準の機能として、Apple Pencilの登場回数が増えているという印象がある。これは、Appleの狙い通りの効果だといえる。

iOS 11では、スクリーンキャプチャやPDFなど、画面で見ているものをインスタントにデータ化する手段が充実している。

スクリーンキャプチャは、ホームボタンとスリープボタンを同時に押すと作成できる。iOS 10までは、画面全体が白く光ってシャッター音がするだけで、画像はカメラロールに保存される仕組みだった。スクリーンキャプチャを撮ると、画面の右下にキャプチャした画像が表示されるようになり、この状態ではまだカメラロールには保存されない。もし撮影したスクリーンキャプチャが失敗だと思ったら、そのまま左の画面の縁へとスワイプすれば、キャプチャは削除される。画像をタップすると、キャプチャした画像が開く。もしそのままキャプチャを保存したければ、左上の「完了」ボタンを押し、「”写真”に保存」をタップすれば、これまで通りカメラロールに保存され、また自動的に「スクリーンキャプチャ」のアルバムに分類されるようになっている。

この画面でApple Pencilを取り出すと、キャプチャした画面にペンで書き込めるようになる。スクリーンキャプチャをした画像の下部には、ペン、マーカー、鉛筆、消しゴム、選択ツールが用意されている。これらのツールを駆使してキャプチャに書き込み、その結果を保存したり、左下の共有ボタンを使って他のアプリに保存したり、他の人に送信できる。

Safariでも同じ事ができる。Safariでスクリーンキャプチャを作成しても良いが、共有メニューを開くと「PDFを作成」というボタンが用意されている。これをタップすると、今見ているウェブページのPDFが作成されるのだ。

ご存じのようにスクリーンキャプチャは拡大すると文字にディザが出てしまうが、PDFではくっきりとキレイな文字で拡大できる。あとからプリントする可能性がある場合に有効であるほか、ページによってはより少ないデータ量で保存できる。作成したPDFの画面の右上には、やはりペンのアイコンが用意されており、タップするとスクリーンキャプチャと同様のペンツールが現れる。こうして、ウェブページにも、ペンで自由に書き込んで、ファイルとして保存したり、誰かに送信するといったことができるようになる。

このように、iPadで見ている画面を起点に書類を作り始め、Apple Pencilで書き込んで仕上げる、といったワークフローが充実したことで、iPadでより直感的に共有したい情報が作成でき、またApple Pencilの活躍する機会が増すことになる。

●紙を超える体験に踏み込む

Apple Pencilを活用した情報の作成は、データを自由に編集できるというデジタルならではの価値と、直感的に書き込めるというペンならではの手軽さを上手く組み合わせている。

さらにiOS 11、Apple PencilとiPad Proの組み合わせは、紙とペンの感覚を超える体験を作り出してくれる。

iOS標準のメモアプリは、iCloudで同期を取ることができ、最も手軽な情報記録の手段となっている。Evernoteのデータのインポート機能まで備え、iPhone/iPadでのメモアプリの地位を確固たるものにしようとしている。そんなメモアプリは、iOS 11で、デジタルメモとしてではなく、アナログも含めたメモ全般を相手に、直感性とスピードの勝負を仕掛けてきた。

iOS 11を導入したiPad Proの画面をApple Pencilでタップすると、直前に編集していたメモが開き、すぐに書き込める状態になる「インスタントノート」機能を備えたのである。例えば、打ち合わせをしている際、喋ることに集中して、手元のiPadがスリープ状態に入ったとする。そのときでも、Apple Pencilで画面をタップすれば、直前に使っていたノートが開き、メモの続きを取りはじめられるのだ。この感覚は、手元にノートとペンを用意して打ち合わせをしている感覚に非常に近く、デジタルメモで問題だった「書き始めるまでのスピード」を解決してくれている。

加えて、デジタルとアナログのメモのブレンドについても、より円滑になった。iOS 11のメモアプリでは、テキスト入力と手書きメモを1つのノートに混在させることができるようになった。これにより、議題をメールからコピー&ペーストしておきつつ、打ち合わせのメモをApple Pencilで手書きで行う、という使い方も可能になった。もし紙の資料が配られれば、メモアプリでキャプチャすることができ、その画像にもApple Pencilで書き込むことができる。

iOS 11では、Apple Pencilのビジネスや日常での体験のあり方を、メモアプリで示し、徹底的に自由度を向上させた。前述の通り、デジタルとアナログを混在させたメモ体験を実現し、より気軽にデータを作り出すことができるようになった。もちろんメモアプリは非常に汎用性の高いツールであることから、その用途はユーザーによって様々ではあるが。

とはいえ、こういった提案型のアップデートが、Apple Pencilを積極的に活用するスタイルを開発者に示すことにもつながり、様々なアプリで、Apple Pencilがより深く活用されていくシーンが増えていくことになると予測できる。

松村太郎(まつむらたろう)1980年生まれ・米国カリフォルニア州バークレー在住のジャーナリスト・著者。慶應義塾大学政策・メディア研究科修士課程修了。慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)、キャスタリア株式会社取締役研究責任者、ビジネス・ブレークスルー大学講師。近著に「LinkedInスタートブック」(日経BP刊)、「スマートフォン新時代」(NTT出版刊)、「ソーシャルラーニング入門」(日経BP刊)など。ウェブサイトはこちら / Twitter @taromatsumura