ドジャースの前田健太【写真:Getty Images】

写真拡大

ポストシーズンで続く完全救援、やまない称賛「ド軍ブルペンのパズル最後のワンピース」

 米大リーグのドジャース・前田健太投手は、ポストシーズンでリリーフに配置転換となり、一気に評価を高めている。ダイヤモンドバックスとの地区シリーズ第2戦から3試合連続で登板し、3イニングで打者9人を打ち取る“パーフェクトリリーフ”を披露。一気に覚醒した日本人右腕は地元メディアから「ドジャースブルペンでパズルの最後のワンピース」「右打者に死を突きつける」と称賛されている。

 15日(日本時間16日)のカブスとの優勝決定シリーズ第2戦こそ出番のなかった前田だが、強打者9人を手玉に取る圧巻の投球は高い評価を得ている。そして、レギュラーシーズンで先発だった前田の配置転換で強化されたドジャース救援陣は、ここまで圧倒的な成績を叩き出している。

米ドジャース専門メディア「トゥルーブルーLA」によると、5試合で計19回2/3、19奪三振で1四球、防御率1.37。2013年から昨年までのポストシーズンの最高成績は13年シーズンの32回1/3、42奪三振で21四球、防御率3.06だった。今年のドジャースブルペンが、いかに鉄壁かを示している。

 抑え右腕ブランドン・モローはダイヤモンドバックスとの地区シリーズ第2戦で3ランを被弾したが、救援陣が打たれた本塁打はその1本のみ。前田に至っては、4奪三振を含め、打者9人を完全に仕留めている。本職ではないリリーバーとして衝撃的な活躍を見せる「MAEDA」への称賛はやまずにいる。

右キラーで威力発揮…指揮官も賛辞「この役目に取り組んでいるケンタこそ評価されるべき」

 記事では「ドジャースプルペンのパズルの最後のワンピースはケンタ・マエダだ。全ての部屋を完全につなぎ合わせる絨毯のようだ」と高く評価。トニー・シングラーニ、トニー・ワトソン、モロー、そして、リーグ最多41セーブの守護神ケンリー・ジャンセンという豪華救援陣を完成させたのが背番号18だという。

「スターターから転身し、前田はブルペンからファストボールとスライダーのコンビネーションを爆発させる。そして、右打者に死を突きつける」

 短いイニングで球威を増した直球と宝刀スライダーによって右キラーとしての存在感は脅威であると絶賛。ドジャースのデーブ・ロバーツ監督も、このように賛辞を送っているという。

「我々は夏にも少し(リリーバー前田を)少し見ることができた。キレが本当に上がった。この役目に取り組んでいるケンタこそ評価されるべき。ポストシーズンではすべてのアウトが重要なんだということを理解してくれている。だから、彼は出番になれば、輝き続けているんだ」

 青天井の勢いで米国で評価を高め、背番号18の価値が見直されているリリーバー・マエケン。強力なブルペンの一角として、1988年以来のワールドシリーズ優勝をもたらす活躍を続けられるだろうか。