日本初、DJI認定のドローン専用飛行施設

写真拡大

DJI ジャパンと日本サーキットは10月17日、報道陣向けにDJIのドローン製品の飛行ができる室内飛行施設「DJI Arena by JDRONE Tokyo」(東京都葛飾区)の内覧会を開催した。

10月21日にグランドオープンを迎える同施設は、DJIが認定する日本初のドローン専用飛行施設。世界では昨年8月に韓国・龍仁市にオープンした「DJI Arena」に続く2番目の施設となる。

施設は2つのブロックにわかれており、ベーシックエリア(幅8.5m×奥行き15m)はドローン初心者向けのエリア。DJIのドローン購入予定者などがドローンの“お試しフライト”を楽しめる。一方、アドバンスエリア(幅9.5m×奥行き22m)には可動式のLEDなどが設置されるなど、ドローン操縦に慣れたユーザーがさらなるテクニックを磨くためのエリアとなっている。

また、「DJI Arena by JDRONE Tokyo」にはショップ機能、テクニカルサポート機能も設けられており、DJIの最新ドローンの購入・操縦体験、所有しているドローンに関する相談・修理も可能。施設内のセミナールームでは各産業のプロフェッショナルを招いたセミナー、各種イベントなども予定しているという。

利用料金は平日30分800円〜とリーズナブル。法人向けには全面貸切プラン(3時間54,000円〜)もあるため、産業用ドローンを用いた実験などにも適した施設となりそうだ。

なお、オープン初日となる10月21日&22日にはオープン記念イベントが開催され、2日間限定で利用できる15%OFFクーポン、「DJI Arena」で使用できる5%OFFクーポンを配布予定。DJIはあまりセールなどを行わないため、購入予定者はこの機会を利用すると良いかもしれない。