知ってる? シンク下収納の強〜い味方がいるんです!

写真拡大 (全7枚)

キッチン収納に悩まされるのは、いろんな形やサイズのモノが多く、かつどうしても避けられない障害物があるから。特にシンク下は配水管のせいでスペースが空きがちだし、フライパンや鍋は重ねて収納していると取り出すのが大変……。今回は、そんなキッチンのお悩みを解消する優秀グッズを2つご紹介しますので、ぜひご覧ください!


キッチン収納の2大お悩み
「シンク下」と「鍋」を解決!


シンク下の収納は、上手に活用できればたくさんのキッチン道具を片付けられそうですが、ど真ん中に水道の配管があって、どうにもジャマになってしまいます。100均の小さい棚を並べて置いてもなんだかスペースが余ってしまいもったいない、使い勝手が良くないという憶えもおありでは。

また、大きさ違いのフライパンや鍋も、形状と重さがバラバラだから片付けに頭を悩ますもの。重ねているフライパンを取り出すのは大変だし、どうにも効率的ではありません。

今回は、そんなキッチン周りの「困った」を解決する、とっておきのグッズを2つご紹介します!


シンク下のスペースは
配管ギリギリまで攻める!



伸晃
シンク下 フリーラックワイド 伸縮タイプ
実勢価格:3163円
サイズ:50〜75×40×39.4cm


水道の配管まわりを取り囲むように設置して、ムダなスペースを排除! すると、こんなにみっちりキッチン道具を収納できるようになるんです。



配管を通すスペースを細かく調節できるので、自分の家のシンク下事情に合わせたセッティングができるのがポイント。組み立て時に工具なども必要ありません。

幅を50〜70cmまで調整できるので、オーダーメイドというと大げさですが、ピッタリ収まってくれることは間違いありません。ただし、高さ40cm、奥行き39.4cmというサイズ感だけにはご注意を。


鍋やフライパンは
このフックで壁掛けに



プリヴェAG
押すだけ取り付けフック2P ステンレス可動式
実勢価格:540円


フライパンや浅い鍋は、重ねておかずに、壁にかけてカフェ風に収納するとおしゃれで便利です。

それを実現してくれるのが、強力なフック。しかし、長く使用していると力が弱くなって、いつか落ちてしまいそう……という不安があります。ですが、吸着力が弱まったことが、目に見えるとしたらどうでしょう。



プリヴェの取り付けフックは吸着力事態も優れていますが、特筆すべきは落ちる前に赤いラインが見えて色で知らせてくれること。

しかも、再度ボタンを押し込めば吸着力を補強することができるんです。試してみたところ、なんと規定の耐荷重の2倍である10kgを耐えました。パッケージ通り「強っ!」なのです。



吸着面を見ると、じつにパワフルそう。ですが、他のフックと比べるとどうなのでしょう……というのが気になったので、類似4製品と外れにくさを比較してみました。

[対象]
メーカー名:リング
製品名:何度もピタッと貼ってはがせるシートフック シングル
価格:219円

メーカー名:大一興業
製品名:吸盤フック ちょこっと右へ60° シングルL K60-SHL
価格:321円

メーカー名:ノムラテック
製品名:快適便利ダブルロック 吸盤フック N-2371
価格:518円

メーカー名:建築の友
製品名:吸盤革命・フック・大 KBK-1
価格:819円

[テスト方法]アクリル板に貼り付けて1〜10kg以上の荷重をかけました。いずれの製品も耐荷重は5kg。



テスト結果をご覧いただいて分かるように、プリヴェAGは外れにくさ、はがれる前のお知らせに加えてコスパも良いのが驚きですね。(実際に使用する際は注意書きを読んでからお使いください)

ご紹介した2つのアイテムをキッチンに取り入れるだけで、収納がスッキリしてストレスが無くなります。毎日使う場所だからこそ、効率化に成功すると、その効果の高さを実感できますよ!



360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。