以前お伝えしたように、クリーンディーゼルエンジンをついに日本に導入するなど、攻勢を強めつつあるフォルクスワーゲン。同社のフラッグシップという位置づけのグランドツーリングカー「Arteon(アルテオン)」が東京モーターショーのプレスデー初日の10月25日から発売されます。

フォルクスワーゲンの新モジュラープラットフォーム「MQB」を使った「Arteon(アルテオン)」のボディサイズは、全長4865×全幅1875×全高1435mm、ホイールベースは2835mm。

パサートよりひと回り大きいサイズで、ステーションワゴンの機能性とクーペのスタイリッシュを合わせ持った「Arteon(アルテオン)」は、280ps/350Nmの2.0TSIエンジンを搭載し、駆動方式は4WDの4MOTIONとなります。トランスミッションは、ゴルフRと同じ湿式7速DSGの組み合わせ。

機能面では、最新のデジタルインターフェースをはじめ、日本初採用になる「デイタイムランニングライト」のほか、後方からの衝突にも対応する機能が強化された「プロアクティブ・オキュパント・プロテクション」やデジタルメータークラスターの「Active Info Display(アクティブインフォディスプレイ)」などの先進テクノロジーや渋滞時追従支援システム「Traffic Assist(トラフィックアシスト)」といった自動運転も見据えた運転支援システムが数多く採用されています。

「Arteon(アルテオン)」の価格は、245/40R19タイヤを履く5,490,000円の「R-Line 4MOTION」、245/35R20を履く5,990,000円の「R-Line 4MOTION Advance」。同クラスは、メルセデス・ベンツCLSやBMW4シリーズクーペ、同門のアウディA5スポーツバックなどがあり、ニッチなマーケットですがどれだけ存在感を高められるか注目です。

(塚田勝弘)

【関連記事】

【東京モーターショー2017】フォルクスワーゲンがディーゼルエンジンの日本投入を発表

https://clicccar.com/2017/10/12/520020/

【新車】フォルクスワーゲンの最上級グランドツーリングカー「アルテオン」が東モ2017開催日の10月25日から発売(http://clicccar.com/2017/10/17/521633/)