松山英樹【写真:Getty Images】

写真拡大

松山は「ゴルフ界の最先端に君臨するスター」、連覇狙う次戦で大会公式が早くも注目

 男子ゴルフの世界ランク3位・松山英樹(レクサス)は次戦、大会連覇を目指す26日開幕のHSBCチャンピオンズ(上海)に挑む。大会公式サイトは「ゴルフ界の最先端に君臨するスター」の一人として日本のエースに注目している。

「アジアのメジャー大会にオールスター集結」と見出しを打って特集した記事では、世界選手権シリーズの今大会に多くのトップ選手が参戦することを紹介。世界ランク5位のジョン・ラーム(スペイン)、同7位のジェイソン・デイ(オーストラリア)らに続き、満を持して名前が挙がっているのが、松山だ。

「ゴルフ界の最先端に君臨するスター」として前回王者の世界ランク3位の松山と同1位のダスティン・ジョンソン(米国)が参加予定であると紹介。こうしたスター揃いの一戦に対し、ラームは「我々が年内に残す試合の中で断トツで強すぎる猛者の集う戦いだ」と語ったといい、警戒を強めているようだ。

 また、「バトル・オブ・スーパーヒーローズ」と題した大会プロモーション動画タイトルも公開されている。映画「アベンジャーズ」風に加工され、ジョンソンらとともに松山も登場。「THE MOUNTAIN」の異名とともに紹介されている。

 昨年の大会では2位に7打の大差をつける通算23アンダーで日本人初の世界選手権制覇を果たした思い出深い大会。シーズン初戦のCIMBクラシックは5位で滑り出したが、前回王者として臨む2戦目で今季初優勝を手に入れられるか。早くも注目が集まっている。