雨に濡れた犬が臭う理由とは?

お散歩の途中で雨が降ってきてしまい、ほんのちょっと雨に濡れてしまっただけなのに、何故こんなに臭うのか、と思われたことはありませんか?

普段はあまり気にならない愛犬の体臭も、雨に濡れることで異臭に変わってしまうことがあります。

雨の日や梅雨の時期はお散歩に行かないという飼い主さんもいらっしゃるかもしれませんが、うちの愛犬たちは雨が降ろうとお散歩に行きたがります。

そして行かなければ拗ねてしまうため、危険でない限りは雨の日もお散歩に行くのですが、毎回毎回シャンプーをするわけにもいかず、犬臭いのは嫌だな…と思っています。

しかし、濡れている間は異臭を放つのですが、ドライヤーで乾かしてしまうとニオイは消えてしまいます。濡れてしまったときにだけ放つ異臭は何が原因なのでしょうか。

アメリカの化学者の見解は?

犬のカラダが雨によって濡れると、被毛や皮膚に潜んでいる酵母やバクテリアが有機揮発性物質を空気中に大量排出し、それが異臭の原因のなっていると考えられているそうです。

酵母やバクテリアが放出する勇気揮発性物質の中に、犬が濡れたときに放つ独特なあのニオイの元となる物質が含まれているのです。

犬にも汗腺はある!?

犬は汗をかかないと言われていますよね。
しかし、全く汗をかかないというわけではありません。

私たち人間には、汗を排出するためのアポクリン腺とエクリン腺という2つの汗腺があり、全身にあります。

犬の場合、エクリン腺は鼻や肉球のみに存在し、これによって「犬はカラダに汗をかくことがない」とされ、手足の裏にのみ汗をかくとされてきました。

ですが…実は、犬の全身にもアポクリン腺が存在しており、アポクリン腺から放出される汗は悪臭の原因になるとされています。

人間に例えると分かりやすいかと思うのですが、アポクリン腺はワキの下に多く存在し、私たち人間はワキのニオイを気にしますよね。

犬にも人間と同様にアポクリン腺とエクリン腺がありますが、人間のようにカラダ全体に大量の汗をかくことはありません。

しかし、ニオイや悪臭や異臭の原因となってしまうような物質は分泌されており、さらに雨に濡れることによって酵母やバクテリアがニオイ物質を放出し、ニオイが強くなってしまうことがあります。

雨の日の愛犬のニオイを抑える方法とは?

最も効果的なのは「レインコートを着せる!」です。
愛犬のカラダが雨に濡れてしまわないようにすることが、ニオイを抑える最も効果の高い方法です。

雨の日、うちの愛犬のポメラニアンはレインコートを着てお散歩に行くため、ほとんどニオイが気になりません。

しかし、ミックスの男の子はレインコートを噛みちぎって粉々にしてしまうほどレインコートが苦手です。

びしょ濡れになって、犬臭さが倍以上になって、ドライヤーで乾かすことで何とかニオイを抑えています。

雨の日が続くと毎回毎回シャンプーするわけにもいかないので、やはりレインコートを着せることが最も良い方法だと思います。

カラダを拭いてあげる

排泄後には肛門や陰部をキレイにお手入れしてあげることでバクテリアや細菌などの繁殖を抑制することができ、ニオイの軽減にも効果的です。

犬用のウェットティッシュで拭いてあげるだけでも効果はありますし、肛門や陰部だけをシャンプーでキレイに洗ってあげるとより効果的だと思います。

定期的なシャンプー

1ヶ月に1回もしくは2回のシャンプーでカラダをキレイに洗ってあげることで、皮膚や被毛の清潔を保ち、ニオイの抑制にも効果的です。

雨の日が続き、雨に濡れてしまい、愛犬のニオイが気になって今すぐにシャンプーしたくなってしまうことがあります。

しかしシャンプーの頻度が多すぎると皮膚に必要な皮脂までをも洗い落としてしまい、皮膚トラブルの原因になってしまう可能性があります。

まとめ

雨に濡れた犬が臭う理由は、被毛や皮膚に潜んでいる酵母やバクテリアが放出する勇気揮発性物質の中に、犬が濡れたときに放つ独特なあのニオイの元となる物質が含まれているからである、というのが最も有力です。

また、普段からカラダをキレイにお手入れしてあげることによって、普段の愛犬にニオイも軽減することができますし、雨に濡れてしまったときにニオイも軽減することができます。

雨に濡れてしまうことでニオイが強くなってしまう場合、最も効果的なのは、雨に濡れてしまわないようにレインコートを着せること、なのではないでしょうか。