これから年末にかけて、ハロウィーンやクリスマスなど、家族で楽しむイベントが目白押しです。パーティでは、みんなで一緒に盛り上がる遊びをしたいもの。でも定番のゲームには飽きたし、かといって新しいおもちゃを買うと高くつくし…という人におすすめなのが、DIYアドバイザーの嶋粼都志子さんが提案する、手づくりドラム。
「みんなが集まる場では、子どもと一緒にドラムをつくって、パーティを盛り上げてみませんか?」。
楽器を手づくりするとは難しく感じてしまいますが、とても簡単にできるそう。詳しいつくり方を教えてもらいました。いろんな箱でつくって、さまざまな音色を楽しんで

この手づくりドラム、土台となる容器の大きさや形によって、音色も変わります。いくつかつくって比べてみるのも楽しいかもしれません。


●準備するもの

あき箱(フタのあるタイプ、角型)やプラスチック容器、コーティングされていない紙袋、両面テープ、タッカー(大きなホチキスのような形をしたもの。300円程度で、100円ショップでも購入できる)、霧吹き、割り箸、輪ゴム、マスキングテープ●あき箱でつくる場合

(1)あき箱のフタをとります。紙袋を、あき箱の口よりひと回り大きくなるようにちぎり、霧吹きで湿らせておきます(濡らしすぎると破れてしまうので注意)。


(2)ちぎった紙をあき箱の口に重ね、あき箱の一辺にタッカーで2〜3か所留めたら、対面の辺も2〜3か所留めます。
(3)破れない程度に紙を軽く引っ張りながらすべての辺を留め、じゃまな部分の紙をハサミで切ったら、もう一度霧吹きをしておきます。●プラスチック容器でつくる場合


(1)プラスチック容器の口に沿って両面テープをはります。
(2)口よりひと回り大きい紙を用意して両面テープの剥離紙をはがしながらはっていきます。
(3)はりつけたあとに霧吹きで紙を濡らします。
濡らしていた紙が乾くとピンと表面が張ります。カラーゴムやマスキングテープで飾りつけをしたらできあがり! 割り箸の先に輪ゴムを巻きつければ、即席ドラムスティックも完成です。輪ゴムの部分で、紙をたたきます。

幼児のお子さんが遊ぶときは、輪ゴムなど誤飲しないよう、保護者の方が注意してください。また、タッカーで留めている部分は直接手が触れないように、マスキングテープなどで保護しておくといいでしょう。

小さい子どもでも楽しく遊べる手づくりドラム、ぜひお試しを。

●教えてくれた人
【嶋粼都志子さん】
DIYアドバイザー、インテリアコーディネーター。住宅メーカー勤務などを経て、住まいの補修やDIYリフォームを行う。著書に『住まいの修繕とメンテナンス―初めてでも、自分でできる』(成美堂出版刊)