【編集部が試してみた】スマート菜園「foop」でレタスを育ててみました!

写真拡大

おうちで気軽に野菜を育てることができる注目の水耕栽培機「foop(フープ)」。今までの家庭菜園の悩みを解決してくれる要素満載のfoopですが、実際の使い心地や本当に育てられるの?という疑問も。今回は編集部がそれらを解消すべく、実際においしい野菜が育つか検証してみました。

【祝】おうちごはん編集部スマート菜園デビュー!!


2017年8月23日、おうちごはん編集部に新しい仲間が来ました!
その名は「foop(フープ)」。
foopは、おうちやオフィスで簡単に野菜を育てることができる注目の水耕栽培機です。
「これで定期的においしい野菜を食べられる!」と思った反面、ある疑問も……。

foopって本当に手間をかけずに野菜を育てられるのか?

そこで今回、おうちごはん編集部が実際にfoopを使い、オフィスで野菜作りに挑戦!
気になる疑問も検証してみましたので、編集部の気まぐれツイートも交えつつレポートします。


毎日の成長ぶり


スマート菜園開始!!

初日は容器に水と養液を加え、種子があらかじめセットされたカプセル10個を等間隔に並べます。スマートフォンにfoopのアプリケーションをダウンロードして立ち上げ、案内にそって設定すればOK。
驚くほど簡単でこれで本当に育つのか少し心配になるほどでした(笑)。


おうちごはん編集部の荷物置き場と化していた空きスペースに突如現れたfoop。シンプルでスタイリッシュなデザインなので、どんなオフィスでもスッとなじんでくれます。

そして今回、編集部みんなで愛情をもって育てるために名前を付けることに。
いろどりレタスのカプセルだったのでシンプルに「レタスちゃん」と命名しました(なんのひねりもないですが)。




スマート菜園5日目

5日目にして早速変化がありました。なんと驚くことにもう芽が出始めたんです。

まだしっかり覗かないと見えないぐらい小さな芽でしたが、こんなに早く成長が見られるなんて飽き症の方でも楽しく育てられそう。




スマート菜園7日目

芽が出てからさらに2日後、カプセルからはみ出るくらいに葉が成長し始めました。

ちなみにここまで編集部でやったことは毎日のぞくことと、「育てー育てー」「大きくなってね」と応援したことのみ!




スマート菜園12日目

育て始めてから8〜12日の間にレタスちゃんが急成長。この時点で3cmぐらいに育っていました。

今回はほとんどムラなくどのレタスちゃんも着実に育っていきましたが、余り成長が良くないときとかは間引いてあげるのが成功の秘訣です。




スマート菜園15日目

夏の終わりの季節に育てていたので、外では大雨が降り、風が吹き荒れていましたが、室内で育てていたレタスちゃんにはなんのその。目に見えてわかるぐらいに順調にすくすく育っていきました。

ちなみにライターの私は虫が大の苦手なのですが、foopで育てれば虫が寄りついてくることもないのもうれしかったです(笑)。




スマート菜園19日目

19日目にして初めて、foopに連動しているスマートフォンに「お水ください」と通知がきました。
アプリの方を見てみると確かに水位が「LOW」に表示されていました。
foopは何か問題があった時にはプッシュ通知でちゃんと教えてくれるんです。


foopのディスプレイにも「お水ください」のマークが表示されました。このまま放置しておくとレタスちゃんもしなしなに干からびてしまいます。さっそくお水をあげなくては。


foopにあげるお水の作り方は簡単。
2Lのペットボトルに水道水と、カプセル型種子キットを購入した際に付属されている「foop養液パック」を混ぜるだけ。


あとは作ったお水をこぼさないように慎重に流し込めばOK。栽培プレートを上に少し持ちあげてトレイに水を入れるか、使っていない穴から入れてあげれば大丈夫です。

野菜が成長していくにつれてお水を求められる頻度が多くなっていきます。裏を返せば、この段階までくれば収穫の時期ももうすぐだということですよ!


スマート菜園22日目

22日目にはカプセルが見えないぐらいレタスちゃんが大きくなっていました。これだけ大きく育てば、もう食べられそうではありますが最大サイズに育つまでもう少し我慢しましょう。




いまかいまかと収穫をそわそわしている社員さんも!

▲出社時と退社時に毎回foopを見てはレタスちゃんに声をかけてくれる、法務のSさん。


「いつ収穫の時期なの〜?」と声をかけてくれる人や毎日の成長を楽しみに覗いてくれる人、成長の様子をインスタグラムにあげてくれる人も!

通りがかる社員の注目の的になっていて、いつのまにかレタスちゃんが社内のアイドルになっていました。


スマート菜園27日目

スマート菜園27日目にして、ついにこの時が来ました!


遂にレタスちゃんの収穫の時期がきました!
育て始めてから約4週間と想像していたよりも速いペースで大きく育ってくれました。ちなみにレタスちゃんは……。


こんなに大きく育ってくれました。こんなにモリモリ育ってくれると、ほとんど何もしていないのに達成感があります。ここまで大きく育ってくれてありがとう!

ちなみに収穫の時期になると、右下のディスプレイにナイフとフォークのマークで「もう食べごろですよ」と教えてくれます。


待ちに待った収穫祭!

では早速収穫していきましょう。今回育てた「いろどりレタス」は、根元をはさみで切ればきれいに収穫することができます。

また、ハーブならば切ったところからまた生えてくるので、必要な分だけ栽培していくのがおすすめです。


1つのカプセルから約1人前の量のレタスを収穫することができました!
水耕栽培機で育てたので小ぶりなものができるのかな?と思っていたのですが、15〜20cm程度のレタスが育ってくれました。


気になるお味は……レタス本来のほのかな苦みがあり、食べれば食べるほどクセになるおいしさ。食感もしっかりとしていて食べごたえも抜群。申し分ないレタスを育てることができました。


レタスちゃんの成長過程をご覧あれ


じつは編集部で毎日の成長の様子を記録していたので、張り切ってGIF動画を作成。


レタスはこんな感じにぐんぐん育っていきましたよ。
毎日毎日ちょっとずつレタスちゃんが育っていく姿にあらためて感動。また育てたいなー。


foopで収穫したレタス、こんな時にも活用できるかも!


栄養が偏りがちな社員の茶弁に添えて

こちらはある男性社員のおひるごはん。
この日は時間がなかったようで、コンビニの揚げものばっかりのお弁当を食べようとしていました。

確かに揚げものが多く入った茶弁は魅力的ですしおいしいですが、栄養が偏りがち……。


そんなときにfoopがあれば、コンビニの栄養不足がちなお弁当に、新鮮な野菜を加えることができます。
土もつかないので、収穫して洗わずにそのままいただけるのはラクチンでうれしい!
見た目のバランスも良くなるので茶弁もよりおいしくいただけそうですよね。


なにかと忙しい朝にぱぱっとお手軽サラダ

朝ごはんは一日の元気をチャージするのに重要ですよね。でも朝は何かと忙しいのも事実……。でもそんな朝にも、foopのいろどりレタス1束と鰹節とオリーブオイルでぱぱっとお手軽サラダを作るなんてこともできますよ。


「あっ、おつまみがない!」そんなときにも……

おつまみがあればお酒はおいしくいただけるもの!
おうちにおつまみがない時は、いろどりレタスとバゲットとハムを使って手軽にブルスケッタを作ってみるのもあり。

獲れたての新鮮なレタスとちょっとリッチなハムがあれば、いつもより特別な時間を味わえます。


さらに、おうちごはん編集部では……

おうちごはん編集部は、収穫を祝して「レタスちゃん堪能パーティー」を開催しました!
上記で紹介したサラダとブルスケッタに加えて、獲れたての新鮮なレタスをたっぷり使って「レタスしゃぶしゃぶ」でもレタスを堪能しました。


出汁を取ったスープに、新鮮なレタスをしゃぶしゃぶするだけでも十分おいしい!

しかも自分が育てた達成感も加わるのでいつも食べているレタスよりもおいしく感じられました(笑)。
レタスちゃん、ここまで大きく育ってくれて本当にありがとう!


【検証結果】foopで手軽に野菜を育てることができた!


実際に編集部でfoopを検証したところ、数回の水やりだけで立派なレタスを育てることができました。
毎日成長を見ていなくても問題があればスマートフォンに通知をしてくれるので、飽き性な人や日々忙しい人でも野菜を育てられると思います。

また、社内では「foopにはカバーがかかっているので、猫が途中で食べたり荒らしたりする心配もなく、野菜が育てられるね」という声も多かったです。
foopのアクリルカバーは基本的に閉めたままで育てられるので、家の中でペットを飼っているから家庭菜園を諦めていた、という方にもおすすめです。

あとはやっぱり、毎日ちょっとずつ成長していく姿を見るのは結構わくわくしますね。
編集部メンバーだけでなく、他部署の多くの社員も毎日かわいがってくれ、収穫後の空っぽになったfoopを見て「レタス、どこへいったの!?」と悲しむ人もいたくらいです……。

社内コミュニケーションにも一役買ってくれるfoop。一家に一台、会社にも一台、いかがですか?


今回使ったfoop
foop (@foop_cestec) の公式インスタグラム水耕栽培機「foop」の公式ページ