上白石萌歌が「DAKE JA NAI」を全身で表現、テイジン新CMは玉屋2060%が楽曲アレンジ

写真拡大

本日10月17日(火)からオンエアされるテイジンの新CM『DAKE JA NAIを探そう』編のCMソング「DAKE JA NAI SAMBA Ver.2」の楽曲アレンジを、Wiennersの玉屋2060%が担当していることが明らかになった。

◆新CM『DAKE JA NAIを探そう』編

今回の新CM『DAKE JA NAIを探そう』篇は、昨年2016年10月から放映された「DAKE JA NAI」シリーズの第3弾にあたる。従来のCMソング「DAKE JA NAI SAMBA」に玉屋2060%が遊び心溢れる大胆なアレンジを加えた、疾走感溢れる楽曲となった。

CMでは女優・上白石萌歌が出演し、テイジンのブランドカラーである赤色のコスチュームを身にまとい、「DAKE JA NAI SAMBA Ver.2」を歌唱しながらダンスを披露。なおダンスの振り付けは、振付稼業air:manが担当している。

テイジンの特設サイトでは、CMの他に「DAKE JA NAI SAMBA Ver.2」ロングバージョンも見ることができる。