※写真はイメージ

写真拡大

音楽が人に与える影響は、大きなものです。

テンポのいい曲を聴くと心が弾み、しっとりとした曲を聴くと穏やかな気持ちになりますよね。

とある女性アーティストも、当然そう思っていたのですが…。

バラードを歌っているのに、なぜか客席から笑い声が!

2017年9月24日に、韓国で行われた音楽イベント『ジョイオルオアーク・フェスティバル』。

女性ラッパーのHeizeさんは、ステージ上で美声を披露していました。

それは、バラードを歌っていた時のこと。曲の途中、観客は突然笑いだしたのです。

(しっとりとした曲なのに、どうして笑うの!?)

きっと、アーティストはそう思ったのでしょう。後ろを振り返ってみると…。

後ろの巨大モニターに映っていたのは、見知らぬ男性!

曲のしっとりとした雰囲気に合わないダンスと、彼のまぶしい笑顔が映し出されたら、笑わずにはいられません。

画面越しの『乱入』に、アーティストも爆笑!ツボに入ってしまったのか、手で顔を抑えてしまいました。

スタッフも「コイツは面白い!」と思ったのか、カメラで男性を負い始める始末。ステージ上の視線を、アーティストから奪ってしまったようです!

もしかすると、アーティストの熱烈なファンなのかもしれませんね。きっとこのライブは、アーティストの記憶に色濃く残ることでしょう!

[文・構成/grape編集部]