「歌手を辞めたい」わけではない安室奈美恵が、第二の人生でやりたいこと

写真拡大

 引退する前から「復帰はいつ?」とささやかれる不思議な事態が起きている安室奈美恵(40)。それだけ人々の関心が高く引退が惜しまれている証拠だろう。彼女は2018年9月以降、本当に表舞台から消えてしまうのか。『ピタットTV』(占いTV:uranaitv.jp)では、占い師の昇龍と法演が安室の第二の人生を占った。

■引退撤回はあり得ないが一般人にもなれない

 過去、引退して本当に復帰しなかったスターは山口百恵(58)だけといわれている。はたして安室は、山口百恵と同じ道を歩み伝説の歌姫となるのか。真言密教の修験者・法演は「安室さんは、よく言えば意志が固いし、悪く言えばガンコ。一度決めた引退を撤回することはあり得ない」と復帰の可能性を否定する。

 対して「奇門遁甲」の真伝継承者・昇龍は、「彼女はスター性の塊のような星の持ち主。引退したからといってひっそり一般人になれる人ではない」と異を唱える。

■次のステージを見すえて引退を決めた

 昇龍によれば、そもそも安室が引退するのは「歌手を辞めたいから」ではないらしい。「安室さんには、引退してでも始めたい何かが次にあるはず。それは別の人をプロデュースすることかもしれないし、ダンスに関わることかもしれない」。

 京都のマンションを手に入れ引退後に移り住むとの報もあるが、京都は安息の地ではなく、次なる仕掛けに向けた活動拠点なのか。かつて夢はかなえるものと歌った安室。次の夢が花開く日が楽しみだ。
(ニコ)

>>占いTVを見る

※画像出典/shutterstock