インスタから再ブーム。トミーヒルフィガーのロゴに「ほしい!」が止まらない

写真拡大

今年、ファッションイベントなどでよく見る「TOMMY HILFIGER(トミーヒルフィガー)」のロゴTシャツ。90年代にブームになった、レッドとホワイトのプリントが入っています。

スタイリストなどのファッション界で働く友人だけでなく、数々の有名ファッションインフルエンサーたちがどんどん着こなしをアップしていました。

とくに今年の夏は、もういたるところ"トミー"だらけ。

ファッション界でもっとも注目されているロゴTを始め、「トミーヒルフィガー」の再ブームをリポートします。

「トミーヒルフィガー」が再ブーム。ジジ・ハディッドの影響?

再ブームのきっかけとなったのが、2016年夏にローンチされた新しいライン「Tommy Jeans(トミー・ジーンズ)」。

90年代のリバイバルアイテムを中心としたコレクションで、モデルやインスタグラマーなどがSNSで紹介しまくり、一気に広まりました。

また、昨年から「トミーヒルフィガー」のアンバサダーとなったトップモデルのジジ・ハディッドの影響もかなり大きい。

キュートなカリフォルニアンのジジが着こなす「トミーヒルフィガー」は、若い女性を中心に大ブームとなり、ジジとのコラボレーションラインが発表されるとますます大人気になりました。

インスタを使ったプロモーションが大当たり

「トミーヒルフィガー」の人気の復活は、とにかくInstagramを駆使したプロモーションのたまもの。

有名女優やモデルよりも、世界中で人気のファッションインスタグラマーを起用して徹底的にプロモーションをし、90年代のブームを知らない若い世代にまで一気に「トミー・ジーンズ」を浸透させたのです。

勢いは秋冬になっても止まりそうになく、もうTシャツのシーズンが終わったと思えば、今度はまたまたレッドとホワイトのプリントが入ったニットやスウェットなどを、まわりのファッショニスタたちがこぞって着ています。

ブームになると、ブームに乗るまいと意地を張りたくなる私ですが、思わずニットを購入。

90年代を知る世代として、新たな気持ちでトミーを着こなしたいと思います。

写真/gettyimages