「ふっくらえびフライ」 レタスクラブニュースより/プロ料理家:藤井恵 撮影:竹内章雄

写真拡大

数ある洋食の中でも、外はカリッと中はふわっと仕上げたえびフライは、みんなが大好きなごちそうメニュー。えびの自然な甘さが口いっぱいに広がります。今回はそんなえびフライのレシピを5つご紹介。王道から変わり種まであるので、いろいろ作ってみてくださいね。

ほかにもいろいろ!「えびフライのレシピ」をチェック!

■ 【ふっくらえびフライ】(265Kcal、塩分1.0g)

<材料・2人分>

えび 6尾、ベビーリーフ 適量、レモンのくし形切り 2切れ、ころも(小麦粉 適量、バッター液〔小麦粉 大さじ1、溶き卵 1/2個分、牛乳 大さじ1/2〕、パン粉 適量)、こしょう、揚げ油、中濃ソース

<作り方>

1. えびは尾を残して殻をむき、背わたを除く。尾の先端を少し切り、中の水を包丁でしごき出す。腹側に3 本浅く切り目を入れ、尾と先を持って軽く引っ張る。えびを軽く引っ張り筋を少し切ると、揚げたときに丸まり過ぎない。

2. えびにこしょう少々をふり、ころもの小麦粉を身の部分に薄くまぶす。バッター液にくぐらせて、パン粉をたっぷりかけ、上からそっと押さえてつける。とろりとしたバッター液をたっぷりつけるとパン粉がしっかりつく。

3. 揚げ油を高温(約180℃)に熱して2を入れ、約1分、きつね色になるまで揚げて油をきる。

4. 器に盛り、ベビーリーフとレモン、ソース適量を添える。

えびはしっかり揚げすぎるとかたくなってしまうので、約1分程度揚げればOK。油をきっている間に余熱でちょうどよい具合に出来上がります。お好みでレモンを絞り、さわやかさをプラスして。

■ 【和風えびフライ】

粗みじん切りにした油揚げをころも代わりに使うとサクサクしたえびフライが楽しめます。えびの身にたっぷりとまとわせましょう。

■ 【えびエリンギフライ】

たたいてのばしたえびでエリンギを巻いてボリュームアップします。塩麹タルタルソースをかけてめしあがれ。

■ 【えびフライ極上タルタルソース】

本格派タルタルソースの味の決め手はウスターソース。スパイス類のおかげで奥行きのある味わいになります。

■ 【えびポテトフライ】

細かくたたいたえびとマッシュしたじゃがいもでビッグサイズのえびフライにします。食べ盛りの子どもも大満足する1品。

えびフライを作る時は、揚げた時に丸まらないよう筋切りをしておくのがおすすめ。腹側に3〜4カ所、5mm程度の切り込みを入れ、えびの両端を持って筋が切れるまで身をそらせて伸ばします。ひと手間で出来がだいぶ変わるので、ぜひ覚えておきましょう。