さまぁ〜ず大竹、“便所強盗”の次男に四苦八苦

写真拡大

さまぁ〜ず(大竹一樹、三村マサカズ)の2人が“等身大の日常”をこっそり話す深夜のトークバラエティ『さまぁ〜ず×さまぁ〜ず』(テレビ朝日系列、毎週月曜深夜2:21〜 ※一部地域除く)。10月16日の放送では、大竹の次男が巻き起こしたトイレでの“可愛らしいある暴挙”に、三村も観客も爆笑する一幕があった。

5歳と2歳の子どもがいる大竹。最近では彼がトイレに入っていると長男と次男がよく邪魔をしにくるそうで、2人を“便所強盗”と名付けている。大竹は「(そのときは)下の子しかいなかった。1人ずつなら楽なんだけど、2人重なると5倍くらい大変。でも2歳の子だけだったから負ける気がしなかった」とトイレへ直行。次男がテレビを見ている隙に向かったのだが、案の定バレてしまい……。

「“バンバンバン”ってトビラの叩く音がして、“わぁ〜鬼が来た”と思って。(ドアの)下から紙をシュッ(投げ入れてきたり)とか、“こっち来て”とか言われるんだけど、“今トイレしているから後でね”と断っても“いや来て。いないいないばぁって出てきて”って言われる」と息子のムチャぶりに困惑。続けて「しばらくシカトすれば諦めると思ったんだけど、ずっと“バンバン”。汚ねーのに扉の下から口だして“いないいないばぁで出てきて”とかやるの。うるせーしトイレも傷ついちゃうから、(便意を我慢しながら)ノリで“うぁー”って出たら……誰もいねーの」と振り返った。その後、また次男が現れたのだが、しょうがなくトイレに入れてあげると、ウォシュレットのボタンを勝手に操作したり……。さすがに“風”のボタンを押された時は、「なんか変なテンションになっちゃって、はぁ〜って(笑)」と何とも言えない表情を。そんな次男の可愛らしい暴挙に、三村も大爆笑だった。

この他、三村が「俺と違うなと思ったことがある」と空港での大竹の行動について疑問を投げかける一幕もあった。三村は「12時間飛行機で座って帰ってくるときあるでしょ。その後タラップ降りてバスに乗るときに何でまたバスで座るの? 12時間座ったじゃん。なのにもう一度座る人って俺信じられなくて!」と質問。大竹は「(移動するために)立ったじゃん」と言うのだが「数秒じゃん」とツッコミを入れられる。大竹は弁明するように「疲れがすごいんだよ。12時間座った疲れが。だから座りでしかフォローできないんだよ」と語っていた。