東大・宮台康平【写真:Getty Images】

写真拡大

国公立大の志望届提出者は6人…東北大から初のプロ野球選手誕生なるか

 日本高校野球連盟と全日本大学野球連盟が公示していたプロ野球志望届は12日に提出が締め切られ、今年は高校生106人、大学生104人が提出。話題を呼んだ一人が東大・宮台康平投手だ。東大史上6人目のNPB入りの期待がかかる赤門エースに注目が集まっているが、宮台以外に国公立大からプロ入りを目指す楽しみな存在が複数存在し、脚光が集まっている。

 その筆頭が東北大・鳩原翔外野手(仙台二)だ。

 みちのくの国立名門大から初のプロ志望届を提出。工学部に在籍する俊足好打の理系男子は2年秋に最多盗塁(11)を記録し、ベストナインに3度選出。通算打率.309と実力も折り紙付きだ。政財界に多くの著名人を輩出している東北大から初のプロ野球選手誕生に注目が集まる。

 そのほか、国立では筑波大・大道寺拓投手は、青森屈指の進学校・弘前出身で140キロ台後半の直球を投げ込む本格派右腕。北海道教育大岩見沢校・斎藤誠人捕手(札幌光星)のほか、公立では大阪市立大・土井岳捕手(畝傍)、高知工科大・山川健太捕手(高知商)がプロ志望届を提出している。

ドラフト1位指名、京大初のプロ選手…指名のたびに話題を呼ぶ国公立大選手

 筑波大のようにスポーツ推薦を設けている大学もあるが、国公立大出身といえば、文武両道を歩んできた選手に注目が集まる。

 実際に東大・宮台は神奈川の名門進学校・湘南で県大会8強に入った経験を持ち、部活引退後から半年間の猛勉強で東大文科一類に現役合格し、3年から法学部を選択。東大のエース左腕として今月の法大戦ではリーグ戦15年ぶりの勝ち点獲得に貢献したことも記憶に新しい。

 プロ野球選手界では、史上初の国公立大ドラフト1位となった筑波大・杉本友(元オリックス)、近年では京大初のプロ野球選手となった田中英祐(前ロッテ)ら、指名のたびに話題を呼んでいる。

 宮台の指名は確実視されているが、今年は国公立大から何人の選手が指名されるのか。ドラフト会議を楽しむ上では注目の一つになりそうだ。