U-17日本代表の平川怜【写真:Getty Images】

写真拡大

 U-17日本代表は16日、翌日のU-17W杯決勝トーナメント1回戦・イングランド戦に向けて前日練習を行った。

 インド入り以来初めての非公開練習で一切戦術的なプランを明かさなかった日本。これまでとは一転してピリピリしたムードが漂う。

 グループステージ第3戦は出番がなかったものの、今回のイングランド戦は先発出場が濃厚なチームの心臓・平川怜は「やることははっきりしているので、自信を持ってやりたい」と決意を語る。

 これまで出場したホンジュラス戦とフランス戦の2試合は持ち味を発揮しきれなかった。「自分のやりたいようなことができる回数はあまり多くなくて、チームとしても機能しなかった」と振り返る平川だが、「改善というか、しっかり分析もしているので、明日は本当に今までで一番いいプレーが出せると思います」と挽回を誓った。

「ここに来て弱気なプレーが周りから見て目立ってしまうことはあると思うんですけど、それじゃあんまり意味がないことなので、明日は格上というか、強豪国で自分たちは失う物がないと思うので、その気持ちだけは強気でやりたい」

 イングランドに対し「やれない相手ではない」と、あくまで自信を強調した平川。求められている攻撃面で流れを変えるプレーを存分に見せて、日本を勝利に導けるだろうか。U-17W杯の決勝トーナメント1回戦、日本対イングランドは17日の20時(日本時間23時半)キックオフ予定となっている。

(取材・文:舩木渉【コルカタ】)

text by 編集部