レスター指揮官、同点ゴールのマフレズ称賛! 降格圏内転落も巻き返し誓う

写真拡大

▽レスター・シティを率いるクレイグ・シェイクスピア監督は、WBA戦を振り返り、今後の巻き返しを誓っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

▽レスターは16日、プレミアリーグ第8節でWBAとのホーム戦に臨んだ。開幕後、1勝しかできていないレスターにとっては、きっちりと白星を飾りたい一戦だったが、63分にWBAのシャドリに直接FKを決められ、先制を許してしまう。それでもレスターは80分、左サイドからのクロスの落としをボックス右で受けたマフレズが胸トラップから右足を一閃して試合を振り出しに戻した。しかしその後、レスターは逆転ゴールを奪えずドロー決着。降格圏内である18位に後退した。

▽シェイクスピア監督は試合後、同点ゴールを奪ったマフレズについて称賛している。また、降格圏内に転落したことについて「このリーグの監督をやっていれば誰にでも起こること」とコメントし、今後の巻き返しを誓った。

「マフレズにはゴールの直前に大きなチャンスがあった。しかし、決めきることができず、がっかりしていた。それでも、ゴールを決めたシーンでのファーストタッチは素晴らしかったよ。その後も、自分の才能を発揮していたね」

「苦手な右足でのシュートだったがよく抑えることができていたと思う。何より喜ばしいことは彼がゴールを狙い続けたことなんだ」

「(降格圏内に転落したことについて)プレミアリーグやこのリーグの監督をやっていれば誰にでも起こることだ。一生懸命プレーし、激しいトレーニングをやっていくことがフットボールの本質でもある。我々は変わっていけると思っているし、そのための勝利が必要だ。きっと、我々が順位を上げていくことを見てもらえると思うよ」