タカラヅカの代表作として知られる「ベルばら」。「ベルばら」だけではないさまざまな作品を楽しめるのがタカラヅカの魅力でもある(写真:けいわい/PIXTA ピクスタ)

2014年に創立100周年を迎えた宝塚歌劇団。目下のところ興行的にも好調で、2016年にはホームグラウンドである宝塚大劇場(兵庫県宝塚市)および東京宝塚劇場(東京都千代田区)での全公演が完売という実績を上げている。観客動員数も約273万人と過去最高を記録した。
神戸製鋼や東芝など100年続く日本の企業に不正が発覚している一方、100年以上前から今も変わることなく業績を上げ続けている「タカラヅカ」をエンターテイメント集団としてではなく1つの企業として見てみるとどうなるのか。中本千晶氏の著書『鉄道会社がつくった「タカラヅカ」という奇跡』から100年の伝統と挑戦に挑む宝塚歌劇団の姿を読み解いていく。

タカラヅカを一貫して運営するのは阪急電鉄

宝塚大劇場は客席数2550席、東京宝塚劇場は2069席と、日本有数の大劇場である。この2つの劇場で、週1日の休演日と上演組が交代する合間の数日を除いたほぼ毎日、ミュージカルや舞踊会の公演が行われている。このほか、宝塚バウホール(客席数500)で行う若手中心の実験的な公演や各地の劇場を回る全国ツアーなど、年間30作品ほどが上演されている。

そして宝塚歌劇団を運営するのが、阪急電鉄だ。1914年の創設以来、宝塚歌劇団は現在に至るまで一貫して阪急電鉄が運営してきており、他の企業や団体などの手に渡ったことは1度もない。

一見、華やかなエンタメ産業のイメージからは程遠い鉄道会社が運営してきた劇団がこうして100年間も生き延び、いまや「日本が誇る舞台芸能」と言ってもいいほどのメジャーな存在となったのは奇跡のような出来事だ。しかも、その道のりは決して順風満帆なものではなかった。太平洋戦争をはじめとした存続の危機は何度もあった。近年でいうと、1995年の阪神淡路大震災はホームグラウンドである宝塚大劇場を直撃している。それでも宝塚歌劇は観客の支持を受け続け、そうした危機を乗り越え、結果として100年続いてきたのである。

そのタカラヅカが現在掲げているのが、「作品力」「生徒力」をひたすら磨いていこうという王道の方針である。劇団機関誌『歌劇』2017年1月号に寄稿されている小川友次理事長の「新年の辞」は次のような言葉で締めくくられている。

「今年も『作品力』『生徒力』そして、スタッフを含めたオール宝塚の『総合力』を充実させ、皆様のご期待に沿える舞台をお届けできるよう全力で努めてまいります」

「生徒力」とは一般企業の言葉で言い換えると「人材育成力」であり、「作品力」とはいわば「商品開発力」といえるだろう。つまり、タカラヅカの100周年は「人材育成力」と「商品開発力」をひたすら磨き続けた結果である。

「人材育成力」を一言でいえば、「スターシステム」と「学校システム」の両立である。一般に日本の企業で「成果主義」は根付きにくいといわれるが、これを真逆の「年功序列」と並存させることで見事に「成果主義」を成り立たせているのがタカラヅカなのだ。

「スターシステム」による成果主義とピラミッド構造

タカラヅカには公演を上演するカンパニーとして花・月・雪・星・宙の5組が存在するが、各組に男役のトップスターとトップ娘役がそれぞれ1人ずつ「組の顔」として君臨している。宝塚大劇場と東京宝塚劇場の公演では、トップスターが必ず主役を演じ、トップ娘役がその恋人や妻などを演じる。

その下に、通称「二番手」と呼ばれる次期トップ候補がおり、主人公の親友あるいは恋敵などを演じる。フィナーレのパレードでは、トップスターの次に立派な羽根を背負って下りてくる。時期によっては複数の「二番手候補」がしのぎを削るときもある。その下には、未来のトップスター候補たる期待の若手スターや、トップ路線ではないけれども歌やダンス、芝居に秀でたメンバーなどがいる。さらにその下に、研1生から始まる若手がおり、お芝居で民衆をやったりショーでラインダンスを踊ったりする。

どの組も80人前後のこうしたピラミッド構造となっており、それはさながら平社員→課長→部長→役員→社長と上り詰めていく会社組織のようだ。このスターシステムにおいて、誰がどこに位置するのかは至るところで示される。たとえば、ショーのフィナーレのいちばん最後のパレードで大階段のセンターを下りてくる順番。まず、センターで降りられるのは基本的にトップスター・トップ娘役およびスター路線の人に限られ、「少人数」で「後に」下りてくる人ほど格上で、背負う羽根もだんだん大きくなる。最後から2番目がトップ娘役、そして全員に迎えられて最後に華々しく下りてくるのがトップスターの特権だ。

あるいは、ダンスシーンでの立ち位置、衣装の派手さ、プログラムに掲載される写真の大きさなど、タカラヅカには、意味のない並びは1つとして存在しないといっても過言ではない。これが公演ごとに変わっていくのを見守るのがファンの楽しみなのだ。だが不思議なことに、厳然と存在する「スターシステム」についての概要は、公にはどこにも明文化されていない。公式発表されるのは「トップスター・トップ娘役」についてのみである。

なぜ「スターシステム」について明言されていないのか? それは、タカラヅカは壮大な「学校」でもあるからだ。宝塚歌劇団には「宝塚音楽学校」で学んだ生徒だけが入団できるが、音楽学校を卒業して劇団に入ってからも「生徒」と呼ばれ続ける。入団してからの年次も「研究科1年、2年……」(通称「研1、研2……」)と数えられ、同期の絆は固い。そもそも公演を行う基本単位は「組」だし、お稽古場は「教室」と呼ばれている。タカラヅカには、そこが「学校」であることを象徴する用語にも満ちあふれている。ちなみに10年に1度「運動会」も開催されており、組対抗で激闘が繰り広げられる。

「学校」だから全員が平等な教育の機会を得られなければならないし、特定の生徒が特別扱いされるようなこともあってはならない。実態はどうあれ、そんな建前主義もあちこちで見られる。「生徒個人の公式ファンクラブは存在しない」ことなどはその典型だ(実際には私設ファンクラブが存在している)。

「学校」だから、偉いのは「スター」ではなく「上級生」だ。「目上の人を敬う」というのは誰もが納得する美風である。トップスターといえども舞台を下りれば上級生を敬わねばならないから、天狗になることはできない。

「学校システム」の年功序列が成果主義を支える?

学校ならではの平等主義と、スターシステムに見られる熾烈な競争。「平等」と「競争」という真逆の価値観が見事に両立している摩訶不思議な世界がタカラヅカなのだ。もっというと「学校システム」は一見身も蓋もない「スターシステム」がよりうまく回るための後押しになっている側面さえある。


「学校システム」自体は商業主義に対するアンチテーゼであり、それゆえにタカラヅカの「生徒」はタレントとして消費し尽くすのではなく、「育てる」対象である。だが、その前提のおかげであまりギスギスすることなく、ファンも「スターシステム」の中での育成ゲームを楽しむことができる。

こうして「学校システム」のおかげで「スターシステム」が長持ちするというタカラヅカ独自のビジネスモデルが確立している。いわば商業主義の否定が商業主義の後押しになっているという、矛盾した状況が起こっている。

宝塚歌劇の創始者・小林一三を起点にする「学校システム」の伝統と、観客側のニーズを基に発展してきた「スターシステム」、この併存状態は誰かが意図的に作ったというよりは、100年の歴史の積み重ねの中でおのずと確立してきた構造である。だが、この状態がいまやタカラヅカ最大の強みになっているのだ。