香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎の“新しい地図”本格始動 新動画や取り組みに込められたメッセージ

写真拡大

 香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎による新しいプロジェクト“新しい地図”。本格始動と予告されていた本日10月16日、公式HPには続々とトピックスが発表された。

(関連:木村拓哉&中居正広、ラジオ選曲にこめた“新しい地図”へのメッセージとは?

 まず、釘付けになったのは、新たなメッセージムービー。背中に“新しい地図”の手書きのマークが描かれたカジュアルジャケットに身を包んだ男性が映し出される。広い肩幅、ラフな髪型、力強い歩みを見て、すぐにその男性が香取だとわかる。そして、同じマークがスタッズで施されたレザージャケットのライダーも登場。少し猫背気味の背中、そして細く長い脚は、草なぎに違いない。さらにエレガントなスーツジャケットをまとった稲垣の後ろ姿も。顔を見ずとも、その出で立ちで3人を認識できることに、いかに彼らが私たちにとって身近な存在だったのかを痛感する。

 だが正面を向いた彼らはドキッとするほど、新しい顔を見せてくれた。香取は歯を食いしばるような表情で鋭い眼光を光らせ、草なぎは幼い子の手を引きながらアンニュイな眼差しで遠くを見つめ、そして稲垣は酒瓶をピアノにそっと置きこちらを振り返る。その口もとには一般的にイメージのないヒゲがたくわえられていた。大人の男性ならではの強さ、余裕、色気を感じさせる表情に、彼らの意気込みが改めて伝わってくるようだ。

「道なき道をいこう こわくなんかない もしも迷ったら 耳を澄まそう 誰かの笑い声がする方へ 信じていれば どこかできっと会える 君と僕は 新しい地図」

 動画中に流れるメッセージは、より具体的に彼らが進もうとしている方向性を示す。前例のない道を歩んでいくために手にする方位磁石は、ファンの笑顔だ。先の見えない道も、きっと“楽しい”につながっているはず。それを信じて、彼らは進むのだ。

 新しい取り組みとして「#ぷっくりニュース」を開始することも発表された。心が動いた出来事をハッシュタグ「#ぷっくりニュース」をつけて投稿するというもの。新しい地図が1日ひとつの記事を取り上げ、さらには月間ぷっくり大賞、年間ぷっくり大賞も決定するそうだ。“ぷっくり”の“り”がクリップになっているのも、SMAPを愛するファンからしたら、最初の「#ぷっくりニュース」だろう。クリップは、ファンたちにとって特別なアイテム。 その想いを受け止めた上でのネーミングかどうかは定かではないが、道なき道はこれまで彼らが歩んできた道と地続きであることを教えてくれているように思える。そして、まだ見ぬ知らない誰かの感動や興奮を、みんなで共有することで、世界中にNAKAMAが広がっていく。そうすれば、もっと美しい世界になっていくのだと。

 また、重大ニュースとして『クソ野郎と美しき世界』という映画が製作され、2018年春に公開されることも伝えられた。特設サイトは、更新ボタンを押すたびに様々な表情を見せる。それは、まるで私たちの毎日のようだ。日々更新されていく情報の中で、クソ野郎に心を乱されることもあれば、美しい世界に癒されることもある。草なぎの愛犬・くるみちゃんらしきイラストにほっこりしたり、エンドレスにループする文字にざわついたり……次に何が起こるかわからない。そんな毎日を、3人と共に生きていることそのものがエンターテインメントになっていくのだ、と興奮を覚えた“新しい地図”の本格始動。次の更新が楽しみだ。(佐藤結衣)