地元・長岡の「時代行列」に登場した「ガトリング砲」。写真は2017年10月7日、米百俵まつりの様子(撮影:東洋経済新報社出版局)

戊辰戦争といえば、薩摩・長州(薩長)など「官軍」の一方的な勝利というイメージを持っていらっしゃる方が多いことだろう。だが実際は、奥羽越(おううえつ)列藩同盟軍は一方的に負けていたわけではない。
北越(新潟県)方面の戦い(北越戊辰戦争)では、河井継之助が率いる長岡藩を中心に3カ月にもわたって新政府軍を苦しめた。後に明治政府の重鎮となった山縣有朋らにとって不名誉この上ない戦いだった。
このため、「薩長史観」(なぜいま、反「薩長史観」本がブームなのか)では故意に忘却されていったと歴史家の武田鏡村氏は語る。このたび、『薩長史観の正体』を上梓した武田氏に、知られざる北越戊辰戦争について解説してもらった。

傲岸不遜だった「官軍」の司令官


慶応4(1868)年5月2日、越後(新潟県)小千谷(おぢや)の慈眼寺で劇的な会談が行われた。長岡藩家老の河井継之助と東山道軍総督府(新政府軍)軍監の岩村精一郎(高俊)との会見である。

土佐藩出身の岩村は、後に長州人から「軽率で無思慮」といわれるが、腰の軽い血気盛んな人物であった。弱冠24歳の岩村は、総督の西園寺公望(きんもち)や長州の山縣有朋、薩摩の黒田清隆に従って信州方面から越後に進攻した。その間、岩村は、次々に恭順してくる信州の各藩の対応から傲慢になっていた。「錦の御旗」と「官軍」の前には、恐れるものはない、とばかりに不遜で傲岸な態度であったのである。

河井継之助は長岡藩士で、江戸で佐久間象山や古賀謹一郎らに学び、さらに足を延ばして備中(岡山県)松山藩の山田方谷(ほうこく)が唱える「知行合一」の陽明学と財政再建を学んでいる。長岡に戻ると果敢に藩政改革を断行し、藩を再建した。しかも、連発式のガトリング砲など最新型の兵器を導入し、軍制の近代化を図っている。この結果、長岡藩は表高7万4000石の小藩ながら、10万両の剰余金と洋式軍隊を持つ屈強な藩になっていたのである。

河井継之助は、長岡藩の「武装中立」を考えるようになる。これは徹底した軍備によってほかからの武力介入を許さずという強固な姿勢を示すことで「中立」を保ち、会津と新政府軍との間を平和裏に和平斡旋しようというのである。

河井は、岩村精一郎らが駐屯する小千谷の慈眼寺に、たった2人の供を従えただけで赴いた。岩村は、左右に薩摩、長州の兵士を侍(はべ)らせて河井と対面した。信州の小藩の家老に対してと同様、こうすれば「官軍」の威光が保たれると思って威圧したのであろう。小藩の長岡藩の家老も、恐れ入ってひれ伏すと高をくくっていた。

ところが河井継之助は、内戦を直ちにやめて、日本国民が一和協力すべきであると説いた。長岡藩は中立の立場を堅持しながら、会津や桑名と和議すべきであると理路整然と説いて、嘆願書を渡そうとした。

だが、岩村は、官軍は朝敵(ちょうてき)を討伐しにきたのであって議論しにきたのではない、と耳を傾けようとしない。河井は幾度も和平を斡旋すると説いたが、岩村は激高して席を立った。

翌日も河井は慈眼寺に赴いて面談を求めるが、まったく岩村は応じようとしない。ここに至って河井は、長岡藩を守るために会津と手を結ぶことを決意した。翌々日の5月4日には奥羽越列藩同盟への参加を表明している。

長州の奇兵隊を撃破

河井は、緒戦の攻撃目標を榎峠(えのきとうげ)に定めた。ここは長岡と小千谷の境となる要地だが、談判成功のため、河井は守備隊を退かせていたのである。

慶応4(1868)年5月10日、強攻する長岡藩はじめ同盟軍に対して、装備も士気も劣る上田、尾張の藩兵はたちまち敗退した。翌日、精悍な薩長軍が来襲して、戦線は膠着状態となる。だが、13日早朝、榎峠を見下ろす朝日山を同盟軍が制して決着をつけた。

このとき、奇兵隊参謀の時山直八(ときやまなおはち)が戦死している。時山は山縣有朋とともに吉田松陰の門下生で、奇兵隊で戦ってきた人物である。

岩村を追うようにして小千谷に入った山縣は、岩村がぜいたくな食膳を前にしているのを見て、土足のまま膳を蹴り上げたという。傲岸不遜といわれる山縣が怒ったのであるが、岩村の振る舞いにはよほど腹に据えかねるものがあったのであろう。

榎峠・朝日山の戦いは、新政府軍にとって初めての敗戦となった。山縣は敗兵を収容して本営を移し、奇兵隊を前面に押し立てた。この後、信濃川を挟んでの砲撃戦が1週間も続いた。山縣は、同盟軍の堅い陣地を抜くことは不可能と見て、柏崎方面から進出した海道軍と合流、小千谷より信濃川下流に位置する長岡城下の側面を強攻渡河して一気に長岡城をつく策を立てた。

折しも、信濃川は雪解けの増水で天然の要害になっていた。だが、新政府軍は船を集め、5月19日の早暁、朝霧を利用して渡河に成功した。同じように河井も、強攻渡河して小千谷の本営を攻略する作戦を準備していたが、1日遅かった。

同盟軍の主力は、朝日山・榎峠に集中している。兵力が少ないため、信濃川の防御力に頼った長岡城下の守りは薄い。城下には老人や少年隊の守備兵しかいない。河井は、自らガトリング砲を操作して応戦した。しかし、衆寡敵せず、敗兵を率いて城下東方の悠久山(ゆうきゅうざん)に退却した。

落城の憂き目に遭い、ほかの藩ならここで総崩れになるところだろう。だが、河井はここから戦線を立て直している。全軍を、山を越えた盆地・栃尾(とちお)に移動させた後、加茂(かも)に本営を置いた。そして、徐々に新政府軍を押し返し、長岡奪回を目指したのである。

6月1日には、新政府軍本営のある今町(いままち)を攻撃。翌2日には圧勝して、今町を占領した。苦戦を強いられた新政府軍は、狼狽し大きく後退した。今町は長岡城の北方約12kmに位置する。長岡城奪還まであと一歩のところまで進出したのである。

この今町攻略戦で河井は、牽制部隊を主力に見せかけた陽動作戦を採り、敵主力をたたいた。外国商人とも親交の深かった河井は、ナポレオンの軍略も学び、多彩な作戦を展開したのである。後に陸軍参謀・石原莞爾は、陸軍大学の卒業論文のテーマに「河井継之助の戦術」を選び、河井の作戦を絶賛したという。

河井が待ち望んだのは、冬将軍の到来である。ナポレオンのモスクワ退却にならい、持久戦に持ち込もうとした。雪に弱い新政府軍が北越から退けば、和議の可能性も生じる。追撃すれば、寝返る藩も出てこよう。

この戦争で生まれたともいわれる「勝てば官軍、負ければ賊軍」の言葉どおり、戦況の行方によっては、同盟軍側が「官軍」となり、薩長が「賊軍」となることもありうる。

同盟軍は今町の戦いで勝利した後、今町と長岡城の中間地点にある大黒(だいこく)付近で新政府軍と対峙した。今町攻略戦の余勢もかって小競り合いにしばしば勝利を収めた。そして河井は、さらに局面を好転させるため、長岡城の奪回を計画。念入りに段取りを整えて急襲作戦を準備した。その間、50日間である。

奇襲作戦で長岡城を奪還

河井が計画したのは、大黒の東に広がる八丁沖(はっちょうおき)といわれる広大な沼沢地を渡って長岡城下に突入し、長岡城を奪還する急襲作戦である。八丁沖は、一面に葦(あし)が茂り、底なし沼や胸まで没する湿地、小川が迷路さながら入り組んでいて、とても人が近づけないと思われていた。その裏をかき、無警戒な敵の目をかいくぐって難所を渡ろうとしたのである。

7月24日夜10時ごろ、河井は、長岡藩の精鋭700人を率いて八丁沖に達した。泥海の中、行軍し、直径4kmの対岸に全体が集結したのは翌25日の午前4時ごろである。夜陰にまぎれて新政府軍主力の背後に回り、喊声(かんせい)をあげて長岡に突入した。同盟軍も一斉に大砲や鉄砲を乱射したので、新政府軍は大混乱に陥った。

このとき、西園寺公望は馬の背を逆に乗って遁走(とんそう)し、山縣有朋は裸で逃げたと伝えられる。

河井は、新政府軍を追い散らし長岡城の奪還に成功した。沿道の村民や町民の喊声(かんせい)に迎えられての凱旋入場である。通りには酒樽が山をなし、町民たちは長岡勢を接待した。「長岡甚句」が唄われ、藩兵と町民子女がともに踊り、奪還を喜んだと伝えられる。

新政府軍の将兵は、着の身着のままで逃げ回り、多くが討たれた。山縣らは敗兵をまとめて、信濃川対岸の関原まで退いた。山縣の本営は士気が上がらず、高田と三国峠(みくにとうげ)まで撤退し、援軍を待って反転攻勢するという意見が根強かった。

北越戊辰戦争での河井ら同盟軍の勝利は、目前にあったといえる。河井は、長岡城を占領した長岡藩兵と、大黒付近に布陣する同盟軍主力と連携し、残された新政府軍主力を挟み撃ちで殲滅(せんめつ)しようと画していた。しかし、ここで作戦に齟齬(そご)が生まれる。装備の劣る米沢、会津、仙台藩などの諸隊が、取り残された新政府軍主力の反撃に遭い、計画どおり長岡に進出できなかったのである。

長岡城に入った長岡藩兵はわずか600人余りにすぎない。同盟軍主力の合流がなければ、薩長勢の逆襲を阻みきれない。いらだった河井は、前線視察に向かい、城下の新町(あらまち)で左ひざ下に銃弾を受けた。野戦病院に担ぎ込まれた河井は、「俺の傷は軽いと伝えよ」と指示したが、骨折銃創で手の施しようがなかった。

翌28日、ようやく同盟軍主力は城内に入ったが、河井というリーダーを失った小田原評定で追撃作戦が決められない。そこに、戦略上の要港・新潟が新政府軍の手に落ちたという知らせが届き、悲観の色に覆われた。

7月29日、新政府軍が3方から長岡城に迫ってきた。浮き足立つ同盟軍に対して、新政府軍には次々に後続が送り込まれてくる。結局、同盟軍は退却を決定した。

会津藩降伏の翌日に降伏

長岡藩兵は、大半が会津へ向かった。すでに藩主とその家族は最初の落城の際に会津に移っている。長岡藩士と家族らは、近道だが険阻な八十里越えをした。8月1日から7日にかけて、傷ついた藩士や、年寄りや幼児を連れた家族が続々と落ち延びた。8里が80里にも思えることから名付けられた山道には、怒号や婦女子の泣き叫ぶ声が陰々とこだましたという。

河井は、負傷して会津に向かう途中の会津塩沢(しおざわ)で8月16日に亡くなっている。41歳の生涯であった。

東北各地を流浪した長岡藩士たちは、米沢で9月23日に降伏している。会津藩降伏の翌日のことであった。

長岡藩は戦死者340人を出し、100人近い領民が犠牲になった。同盟軍では会津藩、仙台藩、二本松藩に次ぐ戦死者数だが、小藩であることを考えると極めて大きい犠牲である。

そして長岡城は、2度燃えるという運命をたどり、城下もろとも灰燼(かいじん)に帰した。その後、空襲、市街地化などを経て、現在、長岡城の痕跡はまったくない。駅付近が長岡城の跡地だと伝えられるのみである。

北越戊辰戦争が語られなかった理由

司馬遼太郎が河井を主人公にした小説『峠』を書くまでは、北越戊辰戦争を知る人は地元を除けばほとんどいなかった。「薩長史観」で北越戊辰戦争が語られることがあまりなかったのは、明治新政府にとって誇るべき勝利ではなかったからであろう。

小千谷会談で、岩村精一郎と同席していたと称する肥後(熊本)藩士の米田虎雄(後に侍従長、宮中顧問官)は、こう語っている。

「越後長岡の凄惨(せいさん)を極めた戦争は、岩村その人に帰結する。岩村は、しきりに官軍風を吹かせ、無礼にも軍礼を無視したところから、河井に反抗の決意を固めさせた。そのため多くの兵を小藩の長岡に集中し、悪戦苦闘することになった。その間、前後7回の激戦において官軍が勝利したのは、ただの1回にすぎない」

「官軍」側の人間ですら、このような見解なのである。

明治になって長州の品川弥二郎は、同じ長州閥の山縣有朋に対して、「なぜ、岩村のような小僧を談判に出したのか」と責めている。山縣は薩摩の黒田清隆と小千谷の近くまで来ていたのである。品川は、「山縣か黒田のいずれかが会談に臨めば、河井の器量がわかったはずで、北越戦争は避けられた」と難詰すると、山縣は「談判決裂の報が届いて、河井を本営にとどめておくように伝えたが、手遅れだった」と弁解している。黒田もまた「河井と会見していたら、円満に解決していたであろう。残念なことだ」と語っている。

いずれも、河井継之助を敵陣に走らせたことが、北越戊辰戦争の原因となったことを認めている。それほど、この戦いは河井の指揮の下で熾烈を極めたのである。

新政府軍は四十数藩を動員し総兵力は3万人に達した一方で、奥羽越列藩同盟軍の兵力は最大で8000人にすぎない。ましてや長岡藩は、老兵や少年隊、農兵隊などを含めても総兵力1500人ほどにすぎない。実収はもっとあったとはいえ表高7万4000石にすぎず、薩摩藩72万石、長州藩37石、会津藩28万石、仙台藩62万石などに比べれば取るに足らない小藩である。この小藩に手こずり、3カ月にも及ぶ戦いで新政府軍は900人以上という戊辰戦争最大の犠牲を払った。

この無益な開戦と戦争指揮上の責任問題を、明治高官はうやむやにしたかったのであろう。それが、新政府軍が終始優勢だった会津方面の戦いに比べ、北越戊辰戦争があまり語られることがなかった理由ではないか。

来年、明治維新から150年を迎える。「薩長史観」の呪縛を解き、「知られざるもう1つの戊辰戦争」にも光を当てる時期が来ていると思う。