天然アンチエイジング度を高める良睡眠への導き方

写真拡大 (全2枚)

アンチエイジングの敵は「ストレス」。生活環境や生活スタイルによって、私達はストレスをためてしまいます。ストレスを感じるのは私自身!つまり、自分自身で老化を生み出しているとも言えるのです。

アンチエイジングの敵は”活性酸素”。そこで「抗酸化物質食材×副菜レシピ」です。私達がすべきことは、活性酸素をどう、やっつけるかなのです。

天然美女子でも、努力しないと美しさは衰えます。それが老化。口先だけの”きれいになりたい宣言“は、そろそろおしまいにしましょう。YOLO的美女子は、しっかり努力のできる、きれいな心の持ち主なのです。

天然アンチエイジングのテクニック

あなたのストレスを解消する方法を教えて!“お酒飲んで”スッキリストレス解消女子!“寝たら”スッキリストレス解消女子!それとも〇〇女子?

〇〇女子には何が入りますか?あなたなりのテクニックを教えて。

もしも、そんなの持っていないっていうあなたは…完全なるテクニック不足。そんなあなたは、たぶん不眠女子。そして、ストレスため込み女子・ストレス過食女子・ストレス太り女子・ストレス情緒不安定女子・ストレス悪酔い女子⁉完全にハッピーホルモン不足の残念女子。

でも大丈夫!私についてきてください!

ちなみに、「ハッピーホルモン*」と呼ばれている物質、知ってる?そう、セロトニン。脳の機能を安定させる神経伝達物質の一つです。セロトニンは、ドーパミン(やる気が出る)やノルアドレナリン(不安を感じる)などの脳内物質をコントロールしています。つまりセロトニンは、心身のバランスがいい状態を生み出す物質。セロトニンが不足すると、心にも体にもにいろいろな不調が現れることになるます。

でも実は、セロトニンはストレスにとても弱いんです。精神的・肉体的ストレスがたまると、セロトニンを生み出す力が弱まるんです。そうなったら、自分自身の中の残念女子が顔を出すというわけ。でも今の時代、私達がいる社会そもそもストレスの塊。では、どうしたらいいのでしょう?

ハッピーホルモンと呼ばれるセロトニンの出し方教えてあげましょう。

お酒と睡眠をうまく使って、美女子度UP

アンチエイジング・美トレの極意その2:心・技・体の『技』
『睡眠欲を美味しく貪(むさぼ)るの技』〜ハッピーホルモンを凌駕せよ〜

その1:お酒でストレスOFF!そして”良眠”ゲット!

生きていくことがストレスな今の世の中。だからこそお酒で、自分を解放することって大切な知恵になるのかもしれないわね。でも飲みすぎてもダメ。それは睡眠を邪魔するストレスの上塗りになってしまいます。

お酒の強さは個人差が大きいから、目安となるのは「翌朝スッキリいい目覚め!」と感じる程度まではOK。もちろん体質的に合わない人は、飲むべきではありません。

厚生労働省がこんな基準を出しています。『男性は1日当たり純アルコール10〜19gで、女性では1日当たり9gまでで最も死亡率が低く、1日当たりアルコール量が増加するに従い死亡率が上昇することが示されている。』

女性の適量でいうと、
・ビール(アルコール度数5%):中瓶01/2本(250ml)
・日本酒(アルコール度数15%):1/2合(90ml)
・焼酎(アルコール度数25%):0,3合(55ml)
・ウイスキー(アルコール度数43%):シングル1杯合(30ml)
・ワイン(アルコール度数14%):1/8本(90ml)
・缶チューハイ(アルコール度数5%):0,75缶(260ml)

公益社団法人アルコール健康医学協会からはこんな基準も。
『適正飲酒の10か条』
・談笑し 楽しく飲むのが基本です
・食べながら 適量範囲でゆっくりと
・強い酒 薄めて飲むのがオススメです
・つくろうよ 週に二日は休肝日
・やめようよ きりなく長い飲み続け
・許さない 他人への無理強い・イッキ飲み
・アルコール 薬と一緒は危険です
・飲まないで 妊娠中と授乳期は
・飲酒後の運動・入浴 要注意
・肝臓など 定期検査を忘れずに
*しない させない 許さない 未成年者飲酒・飲酒運転

その2:良睡の目覚ましは、”太陽の光”!
最良眠は、「寝落ちしてから3時間:一日のうちで最も深く眠っている時で、成長ホルモンが出る」時と言われています。さらに「良眠サイクルは90分が4〜5回来る」んです。つまり6時間から7.5時間。セロトニンは、目の中にある網膜が、太陽の光を感じると朝スイッチが入って元気になり、夜になると休みたがります。だから、若返りホルモン(成長ホルモン)とハッピーホルモン(セロトニン)を同時に量産するには、朝日を浴びながら目が覚めるような時間に寝ればいいのです。

朝からしっかり動き始められるように、生活スタイルをYOLO的美女子スタイルに変えましょ!

 

私達、理学療法士の視点から言えば、この美トレをすれば、日々の生活が丸ごと美しくなるための運動に変わります。今回も運動ではなくて、脳でどんなことが起きてるのか仕組みを知ってほしかったのです。“きれい”というのは、正しい知識と正しい行動があって、初めて生み出される効果であり、輝き。YOLO的美女子には内側にから輝いてほしいのです。

*厳密にはセロトニンは脳内物質であり、ホルモンではありません。ここではイメージとして伝わりやすいように、ホルモンと似た効果を出すことからそのように表現をしています

 

ライター:町田光明(理学療法士・ヨガ講師・健康運動指導士・介護予防運動指導員。芸能人からトップアスリート、障害者(児)まで全国で指導)