1台で約10億円の稀少なロードカーも展示された

 フェラーリは、2017年10月13日に、創立70周年を記念したモデル「ラ・フェラーリ・アペルタ」を日本で初公開を行った。そのほかにも70周年を記念したテーラーメイド車両の5台を一般にお披露目。

 また、70周年を祝うラリーイベントのスタート会場となった両国国技館には最新モデルが7台、9台の歴代モデルが展示され多くのギャラリーに注目されていた。

 70周年を記念し、フェラーリ・ジャパン&コリア代表取締役社長リノ・デパリオさんは、「いよいよ世界ツアーがここ日本の両国国技館に到着しました。幸運なことに両国国技館で先日、大相撲九月場所を見ることが出来ました。とても素晴らしい経験でした。幕内くらいのレベルになると卓越した技術が欠かせなくなります。フェラーリも素晴らしい技術を持つ世界のスポーツカーとして共感ができる」、と語った。

 続いてフェラーリ極東・中東エリア統括CEOピーター・クネヒテルさんが登壇し、ヒストリーや車両について説明行った。「フェラーリは70周年という節目を迎えました。エンツォ・フェラーリが何を成し遂げたのかを改めて振り返る機会となっている。エンツォ・フェラーリはイタリア・マラネロという小さな街でスポーツカーブランドの創設を夢見ていました。1947年3月12日、その歴史が始まりました。フェラーリ初の12気筒エンジンを搭載したロードカー125Sの誕生でした」、と紹介する。会場には1961年式の250GTベルリネッタ・パッソコルトをはじめ、ディーノやテスタロッサ、40周年を記念したモデルF40、そしてF1テクノロジーを市販車に詰め込んだエンツォ・フェラーリといった歴史あるロードカーを9台展示した。

ラ・フェラーリ・アペルタを日本初公開

 今回発表された「ラ・フェラーリ・アペルタ」は209台限定だったが、1台が追加され210台目は2017年9月9日にマラネロで行われたチャリティオークションに出品したりと積極的にイベントに参加している。

 日本で初公開された「ラ・フェラーリ」のオープンモデル「アペルタ」は、2016年のパリサロン前にはすでに完売しており、当時は新車価格約4億円ともいわれた。展示された車両は2016年のパリモーターショーで公開されたモデルそのものである。

 また、フェラーリはこの70周年を記念し、世に送り出してきたフェラーリの歴史を飾るレーシングマシン70種類のカラーリングを5車種それぞれ(488GTB/488スパイダー/F12ベルリネッタ/カリフォルニア/GTCルッソ)に施したモデル(70種類×5車種=350台)を発売。そのなかの5台が会場に展開された。その一部を紹介したい。

・THE SURTEES(サーティース)

 1964年にジョン・サーティーがドライバーを務めたフェラーリ158 F1をモチーフにした「サーティース」は白いボディに青いストライプとゼッケンが入ることで表現している。

・PLEIN AIR PLEASURE

 2010年にフェラーリとピニンファリーナの提携80周年を記念し製造されたSA アペルタをモチーフににしている。内装のブラックにブルーが映えるオープンエアーの喜びを具体化している。

・GTO

 288GTOから得たこちらのモデルはクールホワイトにブラックを随所に取り入れ、オレンジの内装を備えている。

・A IS FOR APERTA(アペルタのA)

 458スペチアーレをモチーフに黄色を基調としながら青と白とレーシングストライプを入れることで表現した。

・CELEBRATING AN ANNNIVERSARY(記念日を祝す)

 フェラーリ40周年を記念したモデルF40が1993年のイタリアGT選手権で優勝したときの仕様をモチーフとしている。

 さらに会場にはワンオフモデルから最大生産台数が10台未満の特別モデルも3台展示。右の「SP1」はフェラーリF430をベースにしたワンオフモデル。中央の「セルジオ」は世界限定6台のみで1960年代のフェラーリ・デザインをモチーフに458スパイダーをベースとしている。そして、左の「J50」は2016年12月にフェラーリ日本進出50周年を記念したモデル。日本限定で10台のみ生産された。

 世界でもっとも有名なスーパーカーメーカー、フェラーリが、日本の知名度の高い東京・両国国技館で70周年を祝い、今後も多くの人に感動を与えるクルマを登場させてほしい。

【画像ギャラリー】