トヨタ自動車がまもなく開幕する東京モーターショー2017に、本年1月の2017 International CESに出展した四輪モデルの「TOYOTA Concept-愛i」に加え、「未来の愛車」をテーマにしたユニークな2人乗りの小型EV「TOYOTA Concept-愛i RIDE」を出展すると発表しました。

「TOYOTA Concept-愛i」シリーズに共通するコア技術は、人工知能を応用し、ドライバーの感情認識や嗜好推定を行う「人を理解する」技術。「クルマは“愛”がつく工業製品」という想いのもと、ドライバーをより理解し、共に成長するかけがえのないパートナーして、新しい時代の「愛車」となることを目指しています。

今回新たに公開される「TOYOTA Concept-愛i RIDE」は、車いすユーザーや高齢者など、誰もが自由に移動できるユニバーサルな小型モビリティで、「全ての人に移動の自由と喜びを」がコンセプト。

大開口を確保できるガルウィングと乗降口にスライドする電動シートを採用。車いすユーザーが不安に感じる車いすからの乗降を容易にしています。また、ガルウィングの開閉を利用して車いすの積み下ろしをサポートし、簡単に車いすを後部に収納できるようシートの作動などを工夫。

ステアリングやアクセル/ブレーキペダルが不要なジョイスティックを採用。車両サイズは車いすユーザーが一般的な1台分の駐車スペースに駐停車かつ乗降可能なサイズとし、運転時および駐停車時の操作性を追求しています。

インストルメントパネルの大型ディスプレイには「TOYOTA Concept-愛i」シリーズの特徴である「人を理解する」エージェントを配置。バリアフリー情報など、快適な外出をサポートする情報を能動的に提供。

走行時には運転席をセンターにレイアウトし、駐停車時は自動駐車機能により運転支援を行うなど、車いすユーザーのみならず高齢者など誰でも「安全・安心」に運転できるモビリティとなっており、シェアリングサービスでの活用も想定しているそうです。

(Avanti Yasunori・画像:TOYOTA)

【関連記事】

トヨタ自動車が「自動運転技術」の開発進捗状況と「自動運転白書」を公表!
https://clicccar.com/2017/10/01/516547/

トヨタが仲間作りを加速! EV開発のための新会社「EV C.A. スピリット」を設立
https://clicccar.com/2017/09/30/516216/

クルマの未来はこうなる!? トヨタが「ナイト2000」を彷彿させるコンセプトカーを公開!
https://clicccar.com/2017/01/23/439261/

【東京モーターショー2017】トヨタ自動車が「未来の愛車」をカタチにしたガルウイング仕様のEVコンセプトカーを出展(http://clicccar.com/2017/10/17/521442/)