『鋼の錬金術師』USプレミア決定 「Anime NYC」クロージング上映に曽利文彦監督が登壇

写真拡大

 山田涼介主演映画映画『鋼の錬金術師』が、日本公開に先駆けて、11月19日に「Anime NYC powered by Crunchyroll」のクロージング作品として、USプレミア上映することが決定した。

(参考:叫ぶ山田涼介や涙する本田翼の姿とらえた『鋼の錬金術師』本予告

 シリーズ全世界累計発行部数7,000万部を超える荒川弘の同名漫画を映画化した本作は、幼き日に最愛の母親を亡くした兄・エドと弟・アルの波乱に満ちた旅と成長を描いたファンタジー。『ピンポン』の曽利文彦監督がメガホンをとった。

 同イベントは、11月17日から19日までニューヨークのジャヴィッツ・コンベンション・センターで開催されるポップカルチャーのコンベンション。サンディエゴで開催される「コミコン・インターナショナル」のNY版とも呼ばれている。

 当日、登壇する曽利文彦監督は「記念すべき1回目の開催となるAnime NYCのクロージング作品に選んで頂き大変光栄です。7月のLAアニメエキスポ、Parisジャパンエキスポでは、6分だけの映像公開でしたが、今回は完成した本編を世界の皆さまにご覧頂けるとあって、どのようなリアクションをいただけるか、心から楽しみにしております。ぜひ、実写版エドとアルに会いに来てください!」と語っているとのこと。

 また、「Anime NYC」ショーディレクターのピーター・タタラ氏は「この度『鋼の錬金術師』そして曽利文彦監督をAnime NYCにお迎えできることを大変光栄に思います。日本のアニメ100周年という記念すべき年に公開される今年一番の話題作である『鋼の錬金術師』をアメリカ最大の都市であるこの場所で初お目見えすることができて非常にワクワクしています! 原作の持つ”生きる“ことへの普遍的なテーマを題材にした作品だからこそ、アメリカの多くの人に紹介したいと思い、クロージング作品として選出させて頂きました」とメントを寄せている。

(リアルサウンド編集部)