SLパレオエクスプレスと列車交換!

武川駅です島式ホームが2面で4線、左には貨物用の側線があって電気機関車や貨車が見えます。この地点で既に右の分岐に入っています。

右側の島式ホームを使います。左は貨物用?

駅名標、デキ500形505号機が動いています。

ありゃ、1988年(昭和63年)以降は車掌の乗車がなくなり廃車が進んでいるヲキフ100形ですね。

ヲキ100形貨車をバックに名所案内。

武川駅を出発すると秩父本線は右の単線、シザーズ・クロッシングのある複線が貨物線で、三ヶ尻貨物駅に向かいます。前面ガラス汚いですね。

三ヶ尻貨物支線は左に離れてゆきます。

明戸駅は島式ホーム1面2線と久しぶりにシンプルな駅です。

列車交換は、7500系。

駅名標、背後に駅舎。1985年(昭和60年)開業の比較的新しい駅。

沿線にカメラをかまえた人たちがいます。SLパレオエクスプレスを撮る人たちです。

大麻生駅です。島式ホーム1面2線と側線。あらあら、ホントに正面からSLが走ってきました。

前面展望から撮ってます。

SLと列車交換は初めてです。

ホーム上屋と比べると、やはりSLは大きいですねぇ。

あっと言う間に行ってしまいました。SLパレオエクスプレスとは、この後、三峰口駅で再会します。

駅名標は復路で、ホーム上屋のない部分で撮ったものです。熊谷方面行の電車と交換でした。

秩父本線、流石に片道2時間15分だけあって、長いです。次は広荑川原貨物駅(車両基地)を経てひろせ野鳥の森駅です。【私鉄に乗ろう 22】 秩父鉄道秩父本線 その7に続きます。

(写真・記事/住田至朗)