地下にある調布駅の真上には広い空間がある(撮影:尾形文繁)

かつての調布しか知らない人は、その様変わりに面食らうことだろう。2012年に京王電鉄京王線の調布駅が地下駅となってから5年。地上駅が撤去され、広い空間となり、周囲には商業施設が建設された。

9月29日、調布駅の上に新しい商業施設「トリエ京王調布」がオープンした。京王電鉄ではデザインコンセプトを「”街を結ぶ”、”人を結ぶ”、”緑を結ぶ”」とし、街のランドマークとなれるような施設づくりを目指した。人口減少時代を迎えるにあたって「選ばれる沿線」そして「選ばれるまち」となるために沿線価値を高めたいという思いが背景にある。

トリエ京王調布は「まちとのつながり」を強調する。果たして駅前の大型商業施設が周辺のまちと共生し、まちを盛り上げられるのか。

外観は狭く見えても、内部は広い

まず、トリエ京王調布の施設について見ていこう。トリエ京王調布は調布駅立体交差化事業と連関しており、鉄道用地を地下化してできた土地にA館・B館・C館と3館の商業施設を建設した。A館はいわゆる「駅ビル」らしい商業施設だ。1階は食品フロアとなっており、「成城石井」を中心に「神戸屋」「アトリエうかい」といった少し価格帯が高めの店舗が入居している。


いかにも「駅ビル」らしいトリエ調布A館(撮影:尾形文繁)

エスカレーターを上がると2階と3階はファッションのフロアで、20〜30代女性向けのファッションブランドが多く入居。外観では幅が狭い建物のように感じても、中は広く感じる。これには京王電鉄のこだわりがあり、一部の棚の高さに制限を設けて広く見せる工夫をしているとのことだった。

4階はライフスタイルのフロアとなっており、より多様な年齢層へのアプローチを志向している。キッズスペースも設けられ、子供連れの親御さんも訪れやすくしている。最上階はレストラン街となっていて、1階と併せて食に関してはかなり上質なものを入れてきた印象を受けた。

駅前広場の西にあるB館には「ビックカメラ」が入る。ここにも京王電鉄の「こだわり」が見られる。トリエ京王調布建設にあたり、沿線住民に対し2度のアンケートを行ったところ、要望が多かったのが「映画館」と「家電量販店」だったという。その結果誘致されたビックカメラは都内では赤坂店以来の出店。女性を意識した家電量販店として自転車、フィットネス用品やお酒を1階に展開している。


パブリックスペース「てつみち」。レールが設置跡も見える(撮影:尾形文繁)

B館から市役所通りを挟んでC館が立っている。ここが最もトリエ京王調布らしい施設である。建物の前には4本のレールが埋め込まれている。これは元々地上を走っていた京王線、京王相模原線のレールを示すもので、京王線の線路跡の先には「てつみち」と名付けられたパブリックスペースが設けられている。ここは子供たちの遊び場やちょっとした時間を過ごせる木製の大きないす、サイクルポートなどが置かれている。開業初日に訪れた際には、早速子供たちが思い思いに遊ぶ姿や数人の中学生がいすに座ってゲームに興じる姿が見られた。

パルコと競合するのか?

C館の2〜5階にはシネマコンプレックス「イオンシネマ シアタス調布」が入居している。調布は1930年代と50年代に映画の撮影所が作られたことで映画関連企業が立地しており、映画スターも市内の飲食店を訪れていたようだ。

こうした経緯から過去には映画業界出身の市長が誕生したり、「映画のまち調布」をPRするイベントが度々行われていたりしていた。今回のシネマコンプレックス設置も先述のアンケートで最も多かったという要望を受けてのことだ。

このシネコンは11スクリーン・約1650席を有し、普通のシートだけではなく、体感型のシアター「4DX(R)」やシネマ専用最高級シートを全席に配置した「Gran Theater」がある。こちらもかなり意欲的な設備だ。現在は「角川&大映映画祭」を行っており、ここでも調布との地域密着を感じた。

1階にはカフェ「猿田彦珈琲 調布焙煎ホール」が入居する。同チェーンの8店舗目となる店舗で、ここはコーヒーの焙煎機が備えられているのが特徴だ。オーナーは調布市内出身で、「出店できたことに大変喜んでいた」(猿田彦珈琲・広報)。


カフェ「猿田彦珈琲」ではコーヒーの焙煎作業を間近で見ることができる(撮影:尾形文繁)

開業初日は大変にぎわっていたトリエ京王調布。初日の来場者は約10万人(京王電鉄・広報)と上々の滑り出しだ。しかし、駅前にこうした大型商業施設ができることにより心配されるのが周辺への影響である。まず懸念されるのは駅前に立地する「パルコ調布」の売り上げ減少だ。

「パルコさんと重複しないようなテナント選定を行った」(トリエ京王調布の杉本大輔支配人)というが、ターゲットとしているのは同じく女性でメインの年齢層も比較的近いように見える。そんなトリエ京王調布の進出に対して、パルコでは2015年からリニューアル工事を行い「ユニクロ」や「無印良品」の増床を行っている。

周辺商店街での消費額の落ち込みも懸念される。これに対しては「調布駅前から盛り上げる会」が「エキモリマップ」を作成し、各商業施設などに置いている。マップに掲載されている飲食店ではシアタス調布のチケット提示でサービスを受けられるようになっており、駅周辺地区への人の広がりを促している。

そして沿線のまち同士での人の奪い合いも懸念される。トリエ京王調布は最大5km圏内を商圏として想定しているというが、今度は府中や千歳烏山といった沿線のほかのエリアとの住み分けが難しくなりそうだ。「府中は店舗サイズや業態も異なり、商圏設定も異なるため住み分けは可能」(杉本支配人)と言う。とはいえ、府中は最近駅前再開発の総仕上げとなる施設「ル・シーニュ」が開業したばかりで、今後、府中と調布で客の奪い合いになる可能性もある。


区画整理中の稲城駅周辺(筆者撮影)

一方で筆者は調布に新たな拠点が設けられたことで京王相模原線沿線にプラスの影響があるのではないかと予想する。沿線には開発余地もあり、実際、稲城駅の南側では大規模な土地区画整理事業が行われている。さまざまなものがそろう拠点駅が近隣にあるという印象を与えることは「選ばれる沿線」作りには極めて重要な戦略だ。

足元の調布も活性化すると思われる。これまでは調布駅は12万人の乗降客があるにもかかわらず、大型商業施設がパルコくらいしかなかった。そのため、さまざまな用事をすませるような「行き先」としては少し魅力に欠ける場所であった感は否めない。しかし、今回のトリエ京王調布の開業で、さまざまな年齢層に対応したテナントが増えたことや映画館の復活、飲食店の増加で「行き先にしやすいまち」になりうる。パルコとトリエ京王調布は雰囲気も異なり、むしろ相乗効果が見込めそうだ。

安藤忠雄が駅前広場をデザイン

残るはA館とB館のつなぐ駅前広場の整備だ。かつて駅舎があった場所で、現在は殺風景なコンクリート舗装の景色が広がっている。


市が進める調布駅前が整備の完成予想図(調布市提供)

現在ここは調布市が施主となって整備を行っており、安藤忠雄建築事務所が設計を手掛けている。同事務所は同じく調布市内の仙川駅近くで建築群を手掛けており、その折に調布駅前広場の計画を知ったという。プロポーザル方式による選考を経て2008年から広場の設計に着手し、市民と意見交換のうえ作られた「庭園広場」というコンセプトでデザイン・設計を行っている。また、調布駅前の既存樹木の保存を求める声もあり、そうした市民の声を取り入れた設計変更も何回か行った。

完成は東京オリンピック後とまだまだ先だ。この理由について調布市都市整備部街づくり事業課の担当者は「ロータリーの工事は運用と並行して行うため時間がかかる。また、ラグビーワールドカップや東京オリンピックの際に駅前でイベントを開き、賑わいを創出したい。そのため両イベントの期間中は工事を抑制する」と説明する。完成すれば緑豊かでイベントスペースや大屋根の目立つ現代的な駅前広場が現れる予定だ。

このように、調布の駅前再開発が完成するのはまだ先の話だ。駅周辺の整備が完了したとき、調布のイメージはどのように変貌しているのだろうか。