選挙で多くの候補者が「握手」をする理由とは?(イラスト:poosan / PIXTA)

衆議院選挙の投票まで1週間を切った。ふたを開けてみれば、何だか盛り上がりに欠ける選挙戦だ。もう少し血みどろの戦いになるのかと思ったら、小池百合子東京都知事が立ち上げた「希望の党」は大失速。「排除」などという何とも傲慢な響きをもった言葉が飛び出たあたりから、潮目が変わった。風を読みながら、類まれなコミュ力でここまでやってきた彼女がコミュニケーションの失敗によって、一気に勢いを失う。まさに策士策に溺(おぼ)れる、とはこのことだろう。


この連載の一覧はこちら

血なまぐさい話は、これでおしまい。今回は「スキンシップ」の話をしたいと思う。いきなり?という感じだが、候補者が駅で、街頭で、声をからして有権者に呼び掛けをし、必死になって「握手」をしている今だからこそ、日本人にとってのスキンシップの意味合いを(やや、こじつけながら)考えてみたい。「握手」にはどのような意味があるのだろうか。

欧米であれば握手は日常茶飯事だが・・・

皆さんは最近、人の肌の温かみを感じたことがあるだろうか。人と人との関係性について日本と海外を比較したときに、気がつくのは、日本人のスキンシップの少なさだ。手をつなぐ、ハグをする、手をつなぐ、腕を絡める……。海外に行くと、カップルたちの目のやり場に困るようなイチャイチャぶりに戸惑う方も多いと思うが、日本は「慎み深さ」を美徳とする文化だけに、公衆の面前でのそういったスキンシップの機会は欧米に比べて圧倒的に少ない。

スキンシップは実は和製英語。英語ではPhysical intimacy(肉体的親密性)という。欧米であれば、握手は日常茶飯事だし、人と会った瞬間や別れ際にハグをしたり、ほおにキスをするような動作も一般的だ。男性が握手をした後に、相手の背中を軽く触れたりすることもある。国土が狭く、住居も小さい日本では、たとえば、混んだ電車の中など、人々の間の物理的距離は欧米に比べて近いのに、他者と肌を触れ合うようなコミュニケーションをとることがほとんどない。

同じアジアの中でも、たとえばお隣の国、韓国は、男女ともスキンシップが非常に盛んなお国柄。公共の場でも、カップルは抱き合ったり、キスをするのは当たり前で、髪の毛を触ったり、顔をなでたり、完全に他が見えない「2人の世界〜♪」と言ったいちゃつきぶりだ。女性同士も手や腕を組み、大人の親子も平気で手をつないで買い物に行く。男性同士でも肩を組んだり、腰に手を回したりといった姿を目撃することもある。とにかく、人に触るのが誰も大好きらしい。

イギリスのオックスフォード大学の研究者が興味深い研究を発表している。フィンランド、フランス、イタリア、ロシア、イギリスの被験者を対象にした調査で、どれぐらいの関係性であればどの程度のスキンシップが許されるかをボディマップで示して見せたものである。


どれぐらいの関係性であればどの程度のスキンシップが許されるのか(出所:Proceedings of the National Academy of Sciences)

白や黄色に近い部分は触られてもいい部分、赤は触られたくない部分、青は絶対に触られたくない部分を指す。

見知らぬ他人の場合、許されるのは手だけ

ボディコンタクトの相手が女性の場合が赤字、男性の場合が青字だ。パートナ―であれば、全身大丈夫だが、友達⇒母親⇒父親⇒姉妹⇒兄弟⇒おば⇒おじ⇒いとこ⇒知り合い(Acq= Acquaintance)⇒見知らぬ人、というように、親密度が低くなるにつれ、触ってはいけない部分が増えていく。知り合いの場合、手や腕、肩ぐらいの接触はまではOKということになるが、見知らぬ他人の場合、許されるのは手に限るということになる。

日本であれば、友達であっても、ここまで許容範囲は広くないし、全体的にもっと赤い割合が高い可能性がある。許されるスキンシップの様式は世界各国、また地域によっても随分違うが、最もベーシックなスキンシップとして、「握手」はビジネスの世界などでも多用されている。ファーストコンタクトの場であり、印象形成に大きく影響することから、米国などでは「正しい握手の方法」などが随分研究されており、イラスト付きで正しいやり方、間違ったやり方などを解説する本も多数ある。

米国の研究によると、握手によって、脳の側坐核の活動が活発化することやポジティブな印象を醸成し、信用や絆、興味を高めることが確認された。短い時間の中で、有権者とつながりを作り、アピールしていこうという候補者にとって、有権者と次々に握手を行うことは、極めて強力な支持者拡大方法ということになる。

握手そのものが、どちらが強いかを示す「パワーゲーム」の場であるとして、たとえば、国のリーダー同士の握手を分析して、その心理状態を読み解く専門家などもいる。確かにそういう視点で、スキンシップを含めたジェスチャーをさまざま観察すると、実に面白い。リーダーたちはそれぞれにそういった「見え方」「見せ方」を工夫しているが、特にウラジーミル・プーチン大統領やドナルド・トランプ大統領など「オレ様系」のトップは「強さ」「男らしさ」に徹底的にこだわっている。つい最近は、自分のほうへぐっと相手を引き寄せるトランプ大統領の握手が「変だ」と米国メディアでも随分取りざたされた。

スキンシップは単なるジェスチャーの一種ということではなく、人体に与える健康効果、心理的効果という意味では、人間にとってなくてはならない行為である。多くの研究者がその効用について検証しているが、スキンシップは人間関係に数多くのポジティブな影響をもたらすといわれている。たとえば、暴力的行為を減らす、信頼の醸成、強いチームワーク、疾病の減少と免疫力の向上、学習力の向上、健康増進など、その効果は絶大だ。米国の調査では、ハグをする人は風邪などにかかりにくくなり、かかったとしても治りやすい、ストレス耐性が増すという結果だった。

肌を触れ合うことは、愛情ホルモン「オキシトシン」の生成を促す。医療の現場でも、看護などにおいて、患者に対する”タッチング“が痛みの軽減や安心に結び付くとしてその価値が認められている。

人間は「本能的に接触要求を持つ生き物」であり、スキンシップは人間にとって、最も強力なコミュニケーションの手段である。しかし、文化的な背景もあり、日本では人と人が密接な関係を築くのに必要なスキンシップの機会がほとんどない。

米国人のコミュニケーション研究者D.C.バーンランドは、1975年に、日本と米国の大学生を対象に、身体接触についての研究を発表したが、その中で、日本人の身体接触量は米国人の2分の1と結論づけた。

本当はもっと少ない感じもするが、不思議なのは日本人の場合、子供に対しては、一緒にお風呂に入る、添い寝をするなどスキンシップが盛んだが、青年期以降には劇的にその機会が減少することだ。1つの見解として、スキンシップが過度に性愛的なものとしてとらえられているきらいはあるだろう。

日本人は「スキンシップ欠乏症」

特に男性の場合、最近は、女性の肩をたたくだけで、「セクハラ」などと訴えられかねないご時世だけに、極度に接触を恐れる風潮が強まっているといえるかもしれない。日本人のスキンシップに対する敷居の高さは世界的に見ても明らかに異常だ。そうした飢餓感も、アイドルとの「握手」の権利がプレミアムな経験として売り買いされるような素地を生んでいる。

こうした「スキンシップ欠乏症」が、夫婦や恋人関係に影響するのか、日本人は世界一の「セックスレス大国」でもある。2005年のグローバル調査によれば、1年間の日本人のセックスの回数は45回。世界平均の103回の2分の1以下、トップのギリシャの138回の3分の1という少なさで、断トツの世界最低水準だった。

スキンシップの少なさは孤独度にも呼応する。日本人、特に日本の男性は世界で最も孤独な人たちである。人のぬくもりを感じることが世界で最も少ない日本人。その孤独解消に「ペットロボ」「人型ロボット」を活用しようなどといったアイデアが登場するのが極めてこの国らしい視点だ。「人と人との温かいつながりをつくる」ための本質的な議論が悲しいぐらいに置き去りにされているような気がしてならない。

読者の皆さんが今、「肌」で感じる、最も本質的な問題とは何だろうか。そして、誰にその解決を託せるだろうか。そんなことを考えながら、ぜひ、この日曜日には投票にお出掛けいただきたい。