私たちは、東京にいる限り夢を見ている。

貧しい少女にガラスの靴を差し出す王子様が現れたように、いつかは幸せになれると。

だが必ず、自分が何者でもないと気づかされる時が来る。

神戸から上京し、港区女子へと変貌を遂げる真理亜と、その生き様を見つめる彩乃。

彼女たちが描く理想像は、現実なのか、それとも幻なのか...




ずいぶん冷え込むようになった、表参道の並木通り。

私はショーウインドーの前で、かれこれ10分くらい立ち尽くしていた。

見つめる先には、約60万するシャネルの鞄があった。

頑張って働いたとしても、1ヶ月のお給料でも到底足りない。だけど、頑張ったら何とか買える気もするマトラッセ。

喉から手が出るほど欲しいのに、色々考えると買えない。

そんな虚しさを感じながら、私は『ダイニズ・テーブル』へと向かった。

真理亜が最近交際しているフォトグラファーの彼と三人で、食事をすることになっているのだ。

秋の夜風が、ビルの隙間から容赦なく私に向かって吹いてくる。タクシーでも捕まえようかと思ったが、この距離なら歩こう。

ピンヒールがジリジリと、私の足を痛めつける。

-やっぱり、1,000円くらいケチらずにタクシーに乗ればよかったかな...。

そんな後悔と共に足が痛くなってきた頃、ようやく店に着いた。それと全く同じタイミングで、颯爽とタクシーから降りてきた女性が目に入る。

「彩乃ちゃん!もしかして歩いてきたの?」

半年前に上京してきた真理亜は、ここ数ヶ月で一気に派手になった。真理亜の無神経な一言に苛立ちながらも、軽く笑顔を作る。

駆け寄ってきた真理亜からは、風と共に強いイラン イランの香りがした。

真理亜に手を引かれ、私たちは一緒に階段を降りて行く。

今考えるとこの彼こそが、東京で生きる真理亜の根源をとなった存在のような気がする。


女をダメにする男...たった一人との出会いで、女の運命は大きく変わる


年上の彼氏。


店に入ると、すでに真理亜の彼・リュウジさんは席に着いてシャンパンを飲んでいた。

リュウジさんは、素人の私でも名前を聞いたことがあるほど有名なフォトグラファーで、数々の芸能人の写真集などを手がけている人だ。

40歳になるというリュウジさんと、真理亜の年齢差は17歳。

よくもまぁ、こんな歳の離れた人を地位や名誉だけで好きになれるな、と思いながら、軽い軽蔑の視線を真理亜に送る。

それでも本人たちは私の視線なんぞお構い無しに楽しそうにしており、『ダイニズ・テーブル』のクラシカルでシックな店内に、彼らの笑い声が響き渡る。




「今度ね、彼の撮影があるから一緒にパリに行くの。一応、アシスタントってことで。」

真理亜の生活が派手になった背景に、リュウジさんの存在が大きいことは明らかだった。

芸能人や編集長クラスでしか呼ばれないハイブランドのオープニングパーティーに、連日『かんだ』や『しのはら』での食事。

しかも写真には必ず、そこの有名シェフやオーナーが写っている。その隣に、著名人がいることも多かった。

「彩乃ちゃんはね、アパレル関係の会社で働いているの。あと東京出身なんだよ。」

「へぇ〜そうなんだ。東京の、どこ?」

二人の会話に、ハッと我にかえる。“ちょっと柄が悪い土地ですが”なんて謙遜しながら素直に出身地を答えると、リュウジさんから全く想像していなかった一言が飛び出した。

「あー、ナルホド。東京と言っても田舎の方ね。」

-え...今なんと...?

突然の発言に、戸惑いが隠せない。たしかに良いエリアではないかもしれないが、一体、この人は何様のつもりなんだろう?

しかし聞けば、リュウジさんの生家は元麻布にあり、有名な私学一貫の男子校に小学校の時から通っていたという、まさに“東京の中心”で生きてきた人。

その生い立ちに、何も反論できなくなる。

正直、私は真理亜を“地方出身者”と見下していた。

それなのに、何だろう。この「港区界隈>その他東京>地方」という目に見えないヒエラルキーは。

東京出身の私も、見下されるなんて。

納得できない思いを抱えながら、運ばれてきた料理を黙って食べた。その間も、リュウジさんの話は止まらない。

「ちなみに、彩乃ちゃんは今どこに住んでるの?」

池尻大橋です、と小声で答えると、今度は驚いたような顔をされた。

「俺さ、移動時間が人生で一番無駄だと思ってるんだよね。だから、この界隈以外に住むとか、考えられなくて。」

リュウジさんの言葉に頷きながら、真理亜が言った。

「彩乃ちゃんも、早くこっちの方に来れば?」


優越は何で決まるの?真理亜との埋まらない格差に落ち込む。


男の権力を使って生き抜く女


当初“タレント”になるために上京してきた真理亜。

学生時代に声をかけられ、大手事務所に所属しているが、毎日仕事がある訳ではない。

しかし最近、リュウジさんの口利きで大手Webマガジンの会社でも働き始めた。しかし “外部提携”という形で、実質は自分の好きなタイミングで出社さえすれば、お給料を貰えるらしい。

何それ?と若干怒りにも似た感情が湧きあがったとき、ふと、真理亜の鞄に目がいった。

真理亜は、私がさっき眺めていた物と同じ鞄を持っていた。




「あ、出た...」

思わず、真理亜の鞄を見て諦めにも似た溜息が出る。どうせ、リュウジさんにでも買ってもらったのだろう。

しかし、よく見るとベージュの色が少しくすんでいる。

-あれ?この子、こんなヴィンテージみたいな鞄を持ってるの?

どちらにせよ、いいよね、そうやって男性が欲しい物を買ってくれる女は。そう毒づこうと思った時、真理亜の口から漏れた一言に、私は言葉を失った。

「これ、高校の入学祝いにママが買ってくれたの。だからちょっと年季が入ってるんだけど、大切に使ってるんだ。」

根底から、私の足元はぐらついた。

生まれた家庭は、選べない。劣等感が、再び私の心を蝕んでいく。

もっと上流家庭に生まれていれば、もっと実家が裕福であれば...。きっと今とは違う結果になっていたはず。

どうしようもない悔しさと絶望感に、私は下を向くことしかできなかった。



もう1軒行こうと言う二人の誘いを断り、真理亜たちと別れて私は独りで電車に乗った。

翌朝早いわけではないけれど、タクシー代も出ない飲みで終電を逃すなんてバカらしかった。

-お金が欲しいんじゃない、ただ素晴らしい女になりたいの。

マリリン・モンローの有名なセリフだ。でも、そんなの嘘に決まっている。だって、東京で素晴らしい女性になるためには、生活費も素敵な鞄も靴も必要だから。

全てを手に入れるため、女として上がっていくためにはどうしたらいいのか?男性の力を使う以外に、上にのし上がる方法なんて、あるのだろうか?

「ただいまぁ...。」

真っ暗な部屋に呼びかける。当たり前だけど、返事はない。

誰もいない、狭い一人暮らしの部屋。
電気をつけると、不意に涙がこぼれてきた。

何の涙なのか、自分でも分からない。ただ突然、心の中に溜まっていた何かが、止めどなく溢れ出てきて止まらなくなった。

東京の夜に飲まれていくような怖さと、行き場のない不安。

この寂しさから救ってくれるのは、一体誰なのだろうか...東京の夜は、時として残酷なほど胸をえぐっていく。

▶NEXT:10月24日火曜更新予定
24歳でバーキンを持つダサさに気づかぬ女たち