メルマガ『ジャンクハンター吉田の疑問だらけの道路交通法』の著者で交通ジャーナリストの吉田武さんが、現役の警察官であるTさんへのインタビューで「自転車の取り締まり」に関する裏話を暴露する当シリーズ。今回は前回から続く、こじれにこじれて解決までに3年かかったという「自転車事故」裁判の行方について。後方を確認せずに走行車線へはみ出した自転車が「逆ギレ」して罪をなすりつけた「チャリテロ」裁判の結末は?

軽車両の自転車はどこまで車両や歩行者と共存できるのか? その15

【関連記事】警察が「チャリテロ」と呼ぶ、自転車を使った当たり屋への対策

(前回までのあらすじ)現役警察官のTさんが実際に関わったという、ワゴン車と自転車の接触事故。車道を走っていた自転車が、主要幹線道路に停車していた自動車を避けて走行車線へはみ出した瞬間、ワゴン車と接触。どう考えても目視で後方確認せずに飛び出した自転車に過失がある事故と思われたが、自転車側は「停車していた車にも原因がある」と、停車中の車に罪をなすりつける始末で、さらに事態は深刻化する……。

吉田:で、結果的に今回の事故はどうなったんでしょうか?

Tさん:一緒に同行した私の若い部下が自転車の方へ詰め寄りましたね(苦笑)。「あなたの事故歴を調べさせて頂いたのですが、1年間で7〜8回も自転車とクルマの接触事故を起こしているようですけれども、そう考えると相当注意力散漫な自転車の運転が引き起こした事故だと思うんです。今回はドライブレコーダーにあなたの不注意な運転の記録が残っていたので、裁判になった場合は証拠としてワゴン車の運転手さんに提出してもらいますが、このままの平行線で、接触事故の過失があなたにあると非を認めないと裁判になって、あなたの過去の事故歴も全部調べ上げられてしまい、正直勝ち目はないですよ」と、ガツンと言いたいことを言ってました。若い警察官は活気があっていいですよね(笑)。

吉田:ということは、人身事故ではなく物損事故での処理で済ませたってことですか(笑)?

Tさん:ええ、そうです。こういうチャリテロは全国で多いですから、人身事故で処理してしまうとクルマの運転手さんが可哀想ですしね。私たちは民事不介入ですので当事者同士で解決してもらいますが、揉めた場合は途中から人身事故へ切り替えて処理することも可能ですし、裁判まで発展した場合には、自転車の方が圧倒的不利になって痛い目に遭うだけですけどね。

やはりドライブレコーダーで証拠を記録することの重要性はもっと世間に訴えていくべきです。クルマの運転手さんを守れるのはハッキリ言って、ドライブレコーダーだけです。同乗者の方が飛び出してきたのは自転車だと説明しても、現場における目撃したという状況証拠にしかすぎませんが、しっかりと映像で証拠を残せるドライブレコーダーでしたら十分に裁判所へ提出できる証拠になります。ですので、ドライブレコーダーは自分自身を守るセルフディフェンス対策としてクルマ1台にドライブレコーダー1台装着という時代にしていかないと、チャリテロの自転車に軽車両ということで翻弄され、負けてしまうだけです。

吉田:なるほどねぇ。この接触事故の過失割合は最終的にどうなったんでしょうか?

Tさん:これは本当にワゴン車の運転手さんには大変申し訳ないんですが、7:3でクルマ側に大きな過失が……。

吉田:ええ? 絶対おかしいですよ! まさにこれこそが自転車が気軽に起こせるテロリズムじゃないですか!

Tさん:ところがワゴン車の運転手の方が納得いかないと言い出して、自ら捨て身の覚悟で物損事故から人身事故に切り替え、裁判にまで発展させたんです。

吉田:おおー! 漢っぷりあっぱれですなぁ。それで完全に事故が解決するまで3年もかかったわけですね。

Tさん:ええ、そうなんです。ワゴン車の運転手の方は「お金の問題ではない。名誉の問題だ。こんな理不尽な法律に少しでも一矢報いたい。そしてこんなふざけた自転車乗りがいるってことを知らしめて反省させたい」と、この方ならではの正

義を貫いて戦ったんです。

吉田:カッコイイですね!

Tさん:やはり自転車の方は頻繁に事故に遭遇しているからなのか、自転車保険や自転車の運転中の事故に適用される保険とかにいくつか入っていたんですね。

吉田:チャリテロだけではなく、保険金詐欺の臭いもしてきますよ(笑)。

Tさん:まぁまぁ、そこは憶測だけでの判断ですからね(苦笑)。これは私の個人的な意見ですが、これだけ数多く交通事故に遭遇しているんですから、保険会社がもう少し本人を内定して精査するべきだと思うんですが……。

吉田:それは僕もそう思います。野放しにしている保険会社にも相当問題がありますね。事故だけで生計を立てて生きていくようなガチニート的ポジションの人には、人生の厳しさをわからせてあげたいですよ。こういう人って事故に遭遇したら会社を延々と休むタイプで、休んでいても保険会社からお金がおりますし、癖になっているはずです。間違いなくこの自転車の方はワゴン車の運転手の方が入っている自賠責保険から、事故のケガで対人賠償を120万円まで目一杯もらっているはずだと思います。これは僕の経験からの憶測ですが。

Tさん:はい。ワゴン車の運転手の方から人身事故にする際伺いましたが、自賠責保険から120万円、最大保証額が支払われていました。吉田さんはまだ交通ジャーナリストを名乗り始めて日が浅いと伺ってましたが、ベテランの域に達してますよ、その豊富な経験と知識(笑)。

吉田:困っている方々からの相談を山ほど受けていることで、ベテラン同様にステップアップしているだけですけどね。

Tさん:コンサルティングですものね。それもしっかりしたお仕事ですから、副産物としての知識が増えていくのは素晴らしいことだと思います。

話は戻りますが、その後に今度は停車していたクルマに対して自転車の方が難癖付け始めたんですよね。「あのクルマが止まっていなかったらよかった。自転車の走行を妨げるような停め方をしていても罰せられないのはおかしい」と。

吉田:うーん、そのエリアは駐停車禁止場所じゃないわけで、停車中に運転手が乗っていたわけですものね。これは明らかにサイクリスト側の八つ当たりにしか思えません。

Tさん:ですよねぇ(苦笑)。クルマが止まっていなかったらという”たられば”な意見で訴えても道路交通法を順守していたわけですし、停車中のクルマには過失は全くないことを説明しても全然理解してくれないんです。

吉田:まぁ百歩譲って、そのクルマが停車していなかったら車線の右側へ自転車も膨らんで走行しなかったと言いたい理由や気持ちは分かります。ですが、自転車だって軽車両ですからもっと安全運転を心がけるべきなんです。自らの目で左右後方を目視することを癖付けない限り、チャリテロは決して減ることはありません。ですから、サイクリストは軽車両という危険なモノに乗って走行している認識を持つ必要があると思うんです。この接触事故を起こしたサイクリストは頻繁に事故も起こしているし、当たり屋と思う方が普通ですが、自転車と歩行者を同じ感覚で扱っているとしか思えません。

Tさん:それは私も思いました。過去の事故事案を掘り下げていくうちに”自分は弱者”との感覚で自転車を走らせていなかったらここまで、短期間で数多くの事故に遭遇することはなかったはずです。今回も右後方からクルマが来ているかいないかの目視をしていれば接触事故に発展することもなかったですし、いくら停車しているクルマが邪魔だったからとはいえ、右車線へはみ出す際に後方確認を怠るというのは運転者としての責任義務が果たせていません。クルマやバイクを運転する方は予測運転という常に事故を予見しながら運転することを義務付けられていますが、自転車にもしっかりと予見義務を植え付けていかないと、決して事故は減らないと私は思います。

今回のケースでは自転車側の弁護士からは「クルマの運転手は事故予見の可能性を持ったうえで運転しなくてはいけない」と突き付けられ、最終的に注意義務違反として、クルマの方は安全運転義務違反にも問われました。自転車の方の弁護士が相当経験が豊富だったのか、「この状況下では自転車が車線へはみ出してくるだろうとクルマ側には予見しながら回避義務もある」とか「クルマの運転手側も停車中のクルマの存在を知っていたことから、自転車がもしかしたら自分自身が走行している車線へはみ出してくる可能性を予見運転できなかったのも責任義務があるわけで問題がある」などと攻め込んできていたようで、日本が誇る”弱者救済措置”が裁判でも発動してしまったんです。

吉田:うわぁ、酷い展開ですねぇ。徹底的にサイクリスト側が被害者ヅラしてますな。

(次回へつづく)

image by: Shutterstock.com

出典元:まぐまぐニュース!