高橋一生「ラブロマンスは?」と聞かれ「人間ですからね…」とニヤリ

写真拡大

篠原涼子主演で、10月23日よりスタートする新ドラマ『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』(フジテレビ系列、毎週月曜21:00〜)のファンミーティングが開催され、篠原をはじめ、高橋一生、前田敦子、斉藤司(トレンディエンジェル)、石田ゆり子が登壇した。

ドラマは、篠原演じる新米ママさん市議会議員・佐藤智子が、声なき市民と向き合いながら、市政にはびこる悪や社会で起きている問題を、一般の女性目線でぶった斬る、痛快かつ爽快な市政エンターテインメント。篠原は「学歴もなく資格もない主婦が、お金欲しさに政治に入っていくのですが、入ってみたらとんでもないところだったというところからスタートする、とても爽快でスッキリする作品になっています」と役柄とドラマを紹介。

この日のイベントはファンミーティングということで、集まったファンからの質問にキャスト陣が答えていくことに。「撮影中に気付いたウラの顔はありましたか?」という質問が篠原に飛ぶと、篠原は「一生さんが意外にスイーツ男子だった」と暴露。すると高橋は「甘いものは毎日食べているほど大好き」と認め、撮影の合間にも食べており、断トツでチョコレートが好きだと告白した。

そんな高橋が演じるのは、智子のライバル市議会議員・藤堂誠。高橋は「二面性のある人間」と語り、影のある役を演じることについて「(そのことは)意識しないことが重要で、素晴らしい台本に沿って作った」と語った。

さらにファンから高橋の役柄に対して「ラブロマンスがあるのか心配です」という声が寄せられると、高橋は「フフ」と不敵な笑みを浮かべながら「どうでしょうね。人間ですからね……」と何とも言えない言葉でドラマをアピールした。

そのほか、劇中で使われる選挙ポスターの人気投票の開票を実施。高橋がトップ当選を果たし、バラ付けがされるなどして盛り上がりを見せていた。