文在寅大統領(左)とトランプ大統領(イメージ)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ワシントン、ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)と米ホワイトハウスは16日、トランプ米大統領が来月7日にソウルで文在寅(ムン・ジェイン)韓国大統領と首脳会談すると発表した。

 青瓦台の朴洙賢(パク・スヒョン)報道官はこの日、トランプ大統領夫妻が来月初めに韓国を国賓訪問する予定だと発表した。文政権発足後、海外首脳の訪韓は初めて。

 朴氏によると、来月7日に首脳会談と共同記者会見、夕食会が開かれる。首脳会談では韓米同盟強化、北朝鮮核問題の解決に向けた韓米の連携、北東アジアの平和と安定の構築などについて議論するという。

 同日にはトランプ氏の韓国国会での演説も行われる。米大統領の国会演説は1993年の当時のクリントン大統領以来となる。

 朴氏は「25年ぶりとなる米大統領の国賓訪問で、両首脳間の個人的な信頼と友情を再確認し、堅固な韓米同盟を確固たるものにする契機になる」と説明した。ただ、トランプ氏の訪韓日程については「正確な到着および出国の日程について韓米両国が協議を続けている」とした。

 ホワイトハウスはこの日、トランプ氏が来月3〜14日に予定されるアジア歴訪の期間中に韓国を訪問し、7日に文氏と首脳会談すると発表した。