横浜FM齋藤学、手術後の膝写真アップ 「お見舞いの品は考えよう」と綴った理由は?

写真拡大

9月23日の甲府戦で負傷、10月15日にSNSで手術完了を報告

 今季からJ1横浜F・マリノスの10番を背負うMF齋藤学は、9月23日に行われたJ1第27節ヴァンフォーレ甲府戦で右膝前十字靱帯を損傷し、全治8カ月の重傷を負った。

 同僚だけでなく、他クラブの選手からも激励の言葉が多く届いたなか、10月15日に手術完了をSNSで報告。そして公式インスタグラムには術後の膝を映した写真をアップし、友人からのお見舞いについて冗談まじりに物申している。

 齋藤は甲府戦の後半19分に膝を負傷し、一度ピッチに戻ったものの、結局プレー続行を断念して同27分に途中交代を余儀なくされた。横浜市内の病院で検査後、右膝前十字靱帯損傷で全治8カ月の重傷と判明。今季限りで現役から引退するFC東京のMF石川直宏は、怪我と戦い続けた自身の経験を踏まえ、「長いけど、振り返った時はあっという間。だから1日1日を学らしく積み重ねて! 心身共に更に魅力的になっていく姿を楽しみにしてるよ」とエールを送っていた。

 齋藤は15日に自身のインスタグラムを更新。「手術無事に終えました まぁこんな感じの膝に。ここから一緒に頑張ってもらいます」とコメントを記し、手術を終えたばかりの右膝写真を投稿した。膝部分に3カ所の傷口が見え、そこにテープが貼ってある痛々しい状態ながら、齋藤はリハビリに向けて意気込んでいる。

 その一方で、齋藤はもう1点の写真をあわせて公開した。それは見るからに美味しそうなドーナツで、「そして、友人がお見舞いに。ただ品物がミスドのドーナツ」と、どこか不満ありげな様子。その理由は至極真っ当なものだった。

心の叫びを文字にしたかのように…

「太りたくなく、一口だけ頂いて持ち帰ってもらいました。お見舞いの品は考えよう。笑」

 気が置けない友人だからこそ、齋藤も気兼ねなく思いを綴っているのだろう。さらに心の叫びをそのまま文字にしたかのように、文章の最後をこう締めくくっている。

「このリハビリ太りたくない!」

 完全復活までの道のりはまだ長いものの、手術を無事に終えて第一歩を踏み出した齋藤。周囲への気遣いと感謝を忘れない心優しい横浜FMのキャプテンは、一皮むけてピッチに戻ってくるはずだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【写真】齋藤が公式インスタグラムに投稿、術後の膝の状態と「考えよう」と綴ったお見舞いの品

https://www.instagram.com/p/BaQrFUfhWDu/?hl=ja&taken-by=manabu011

齋藤が公式インスタグラムに投稿、術後の膝の状態と「考えよう」と綴ったお見舞いの品