Hippo

写真拡大

 デンマーク発の老舗家具ブランド「FDBモブラー(FDB MØBLER)」が日本とデンマークの外交関係樹立150周年を記念し、チェア「J46」のアニバーサリーエディション「ヒッポ(Hippo)」を数量限定で発売する。日本とデンマークで同時に展開し、日本では青山のShowcaseと金沢21世紀美術館ミュージアムショップで11月4日に先行発売する。
 J46は、FDBモブラーの2代目企画デザイン担当責任者であったポール・M・ヴォルタが1956年に発表した作品。丈夫でデザイン性に優れ、機能的かつ手軽な価格という当時としては画期的な製品となり、現在でもデンマーク国内史上最高の販売数を保持している。
 ヒッポは英語でカバを意味する「Hippopotamus」に由来。座面と背面にはコラボレーションとして、デザイナー皆川明が手掛ける「ミナ ペルホネン(minä perhonen)」の生地が座面クッションと背あてに使用された。価格帯は税別5万8,000円〜6万5,000円で、ホワイト、ブルー、グレー、グリーン、ナチュラルの5色をラインナップする。