事務所と契約終了したYUKI。2018年にはバンドを率いて復活?

写真拡大

 JUDY AND MARYのヴォーカリストとしてメジャーデビューし、常に第一線で活躍し続けてきたYUKI(45)だが、所属事務所ソニー・ミュージックアーティスツは9月いっぱいで契約を終了したと発表。『ピタットTV』(占いTV:uranaitv.jp)『ピタットTV』(占いTV:uranaitv.jp)では、奇門遁甲の真伝継承者・昇龍と真言密教修験者・法演がYUKIの今後を占った。

■今のYUKIは運気が落ちて無気力状態

 アーティストとしての活躍のみならず、「かわいすぎる2児の母」「奇跡の45歳」など、若々しい見た目も話題になるYUKI。事務所との契約終了と聞けば、このまま引退かとファンは危惧するだろう。真言密教の修験者として多方面で活躍する法演も「確かに今年、YUKIさんの運気は落ちている。今は無気力状態」と案じる。

 順風満帆に芸能活動を続けてきたように見えるYUKIだが、JUDY AND MARYが活動休止したり、その後解散せざるをえなくなったり。プライベートでも2005年に当時1歳11か月だった長男を突然死で亡くすなど、トラブルを乗り越えながら第一線に立ち続けてきた。

■2018年は誰かとコラボして作品を発表

 事務所との契約がなくなり本人も無気力状態というが、復活はあるのだろうか。法演は「2018年にはたくさん名前を聞くことになる」と来年早々の復活を予言。昇龍も「年が明ければ気力が充実して、やりたいことがあふれてくる」と来年の活躍に太鼓判を押す。

 その活動内容を昇龍は「誰かとコラボするのでは?」と読む。というのもバンドの一員として世に出てきたように、YUKIは1人でものづくりするより誰かとコラボしたり、プロデュースしてもらうことで、より魅力を発揮できるタイプ。「いっしょにやりたい」と手を挙げる人も多いはずだ。

 事務所も「今後のYUKIの音楽活動も温かく見守って」とコメントを発した円満な契約終了。ひょっとするとこの契約終了、事務所の枠を超えたコラボを実現するための布石なのかもしれない。
(ニコ)

>>占いTVを見る

※画像出典/shutterstock