男性にはない女性特有の悩み。デリケートゾーンのかゆみや臭いはその一つですが、場所が場所だけになかなか口に出せないものです。気になる臭いやかゆみは、間違った洗い方が原因であることも。一度洗い方を見直してみると、これらの悩みが改善される場合があります。

多くの女性が悩みを持つデリケートゾーン

女性の9割ほどが、デリケートゾーンが気になり、悩みを持っているといいます。デリケートゾーンはきちんと手入れをしていないと、何かとトラブルの元となりやすい場所です。悩みで多いのはかゆみや臭い、ムレ、かぶれなどで(つらい生理中のかぶれ。清潔を保って対策しよう)、特に臭いは人に感づかれるのではないかと、人前に出るのが嫌になってしまう場合もあるようです。

デリケートゾーンは雑菌が繁殖しやすい

デリケートゾーンにトラブルが起こりやすいのには理由があります。それは排泄を行い、女性の場合は経血やおりもの分泌が周期的にあるため、気をつけていないと不潔になりなりやすい場所だからです。また下着によって覆われてしまうため高温多湿となります。そのため雑菌が繁殖しやすく、雑菌が増殖することでかゆみや臭いなどのトラブルが起こってしまうのです。
それからデリケートゾーンにはアポクリン腺と呼ばれる汗腺があります。アポクリン腺から分泌される脂肪やアンモニアは雑菌のエサとなるため、デリケートゾーンは雑菌にとって居心地が良く、まさに好条件な場所といえます。デリケートゾーンのトラブルを解消するには、いかにして雑菌が増えないようにするかがポイント。そのためには毎日お風呂で丁寧にデリケートゾーンを洗浄することが秘訣となります。

丁寧な洗浄で悩みが解決することも!

デリケートゾーンの臭いや下着の汚れが気になる場合は、一度デリケートゾーンの洗い方を見直してみましょう。デリケートゾーンはその複雑な形状から恥垢(ちこう)や汚れがたまりやすい場所であり、毎日お風呂に入った時にこれらを綺麗に落とすことが大切です。
石鹸をよく泡立てて、泡と指で丁寧にデリケートゾーンを洗っていくと、汚れが綺麗に落ちていきます。このとき気をつけたいのは、絶対に力を入れてゴシゴシと洗わないこと。力を入れても傷つけてしまうだけで、より汚れが落ちるというわけではありません。また膣の中は洗わないようにしましょう。膣内は弱酸性に保たれており、善玉菌による自浄作用があります。アルカリ性の石鹸で洗ってしまうと膣内がアルカリ性に傾き善玉菌を殺してしまい、逆に悪玉菌を増やす結果となりかねないからです。デリケートゾーンに触るのを恐れて、シャワーの湯をかけるだけという人もいるようですが、湯だけでは汚れは落ちません。きちんと石鹸の泡を使って指で洗うようにしましょう。肌が弱い場合などは、デリケートゾーン用の弱酸性石鹸を使うと良いでしょう。

デリケートゾーンは丁寧な洗浄をすることのほか、汚れが気になるときはこまめにショーツやパンティライナーを変えることも大切です。デリケートゾーンは体のどこよりも雑菌が発生しやすい場所であることを理解して、普段から清潔さを保つように心がけておきましょう。


writer:Akina