香港ディズニーランド・リゾートが新拡張工事計画の実施を開始した。最初に完成するのは、アドベンチャーランド内で行われる、アニメ「モアナと伝説の海」の主人公モアナをテーマとした新しいショーとなる予定で、ショーは来年スタートする見通し。

写真拡大

香港ディズニーランド・リゾートが新拡張工事計画の実施を開始した。最初に完成するのは、アドベンチャーランド内で行われる、アニメ「モアナと伝説の海」の主人公モアナをテーマとした新しいショーとなる予定で、ショーは来年スタートする見通し。深セン特区報が伝えた。

2018年から2023年にかけての新拡張計画の実施によって、香港ディズニーランドには、ほぼ毎年、テーマパーク、アトラクション、エンタテイメントなどでオールリニューアルされたプロジェクトが登場する。主なものは、「アントマン」、「ワスプ」、「シールド」など、マーベル・コミックスのヒーローをテーマとした新アトラクションが「トゥモローランド」に登場する。また、香港ディズニーには、全く新しいマーベル・アニメのテーマエリアが建設され、アジア地域でマーベル・アニメを体験するための拠点の一つとなる。このほか、「アナと雪の女王」エリアが新しく登場し、映画の世界観が再現され、ゲストを新たなアトラクションで楽しませる。テーマパークのシンボルである「キャッスル」は、華麗な変身を遂げ、昼間と夜間に新しい華やかなショーが繰り広げられる予定。(提供/人民網日本語版・編集KM)