サプライズライブをおこなったマジプリ

 東海発男性アイドルグループのMAG!C☆PRINCE(マジックプリンス、通称=マジプリ)が16日、東京・SHIBUYA 109のエントランスでサプライズライブを実施した。18日にリリースする新曲「YUME no MELODY」「Dreamland」を歌唱し、訪れたファンを喜ばせた。リーダーの平野泰新は「この曲で1位を獲りたい!」と語った。

 マジプリは18日に、5枚目の両A面シングル「YUME no MELODY/Dreamland」をリリース。その発売を記念し、マジプリの大型ビルボードが16日に、SHIBUYA 109に掲出された。それに伴い、サプライズライブが実施された。

 気温20度を下回るあいにくの雨模様だったが、イベントステージ前には、大勢のマジプリファンが傘やレインコートを着用し、集まっていた。

 開演時刻が午後5時半をまわると、白一色の衣装に身を包んだマジプリが登場。すると、黄色い歓声が盛大に巻き起こった。そうしたなか、新曲「Dreamland」を披露。キラキラとしたポップチューンを歌い踊る。そのリズムに合わせて、マジプリファンはケミカルライトを揺らし、掛け声をするなどして楽しんでいた。

サプライズライブをおこなったマジプリ

 1曲目が終わるとリーダーの平野泰新から「今日はあいにくの雨の中、お集まりいただきありがとうございます!」と感謝。マジプリお馴染みの自己紹介を挟んで、話題はマジプリの大型ビルボードに。ボードを撮影したという阿部周平に対して、西岡健吾は「カメラ濡れちゃうから僕は撮らなかった」とも。しかし、「晴れた日にまた撮りたいですね!」と再挑戦を誓った。

 MCが終わると新曲「YUME no MELODY」を披露。新体操で高校総体優勝(団体)、全日本個人4位の実績を持つ平野の監修によるスティックパフォーマンスを5人で軽やかにやってみせる。その中で、平野はスティックを使いながらアクロバティックなパフォーマンスを披露、歓声に湧いた。

 ライブ終わりの囲み取材では記者から、ニューシングルの掛け声が既に出来ていることについて問われると西岡は「シングルのイベントをやってて、阿部が掛け声を考えたんですよね」と阿部の発案で掛け声が出来ていることを明かした。

サプライズライブをおこなったマジプリ

 「YUME no MELODY」のスティックダンスについて平野は「本来なら、スティックを投げてキャッチする技があるんですけど、今回天上とかが低い関係で出来ませんでした」と残念がっていた一面もあった。

 また、この曲の監修もおこなっている平野は「9年間やってきた新体操の一部が、曲に取り入れられたことが嬉しかったです」と笑顔。メンバーのスティックダンスの出来については「阿部ちゃんが一番上手くて、健吾があまりね…」と笑み。それに対し西岡は「そんな事ないです!」と反論するも「阿部ちゃんが付きっきりで健吾に教えてくれて」と明かされると、西岡は「そんな事ないです! 自分で練習をしました! もう練習とか全然いらないです」と慌てた様子で返していた。

 最後に平野は「この曲でウィークリーオリコン1位を獲りたいと思います! 皆さん応援よろしくお願いします!」と強く語った。【取材・撮影=橋本美波】

サプライズライブをおこなったマジプリ サプライズライブをおこなったマジプリ サプライズライブをおこなったマジプリ サプライズライブをおこなったマジプリ サプライズライブをおこなったマジプリ
サプライズライブをおこなったマジプリ サプライズライブをおこなったマジプリ