旅行会社に300万円近い損害賠償を請求した夫婦(画像は『Metro 2017年10月13日付「Couple who made fake Thomas Cook holiday sickness claims jailed in landmark case」(Picture: Facebook)』のスクリーンショット)

写真拡大

どんなに巧妙な嘘をついてもいつかは必ずバレるものだ。このほどイギリス史上前代未聞とされる大胆な嘘で、有名旅行代理店から多額の損害賠償を搾取しようとした夫婦が懲役刑を科せられた。裁判では判事に厳しく糾弾され、号泣する姿を見せていたという。『Liverpool Echo』『Metro』『The Sun』などが伝えた。

マージーサイドのウィラルに住む4児の母デボラ・ブリトン(53歳)とポール・ロバーツ(43歳)は、子供たちを連れて2015年6月と2016年の6〜7月に地中海に浮かぶマヨルカ島へ旅行した。

食事などすべてが含まれている「オールインクルーシブ」パッケージで旅行した一家は、ホテル「Globals America」にて降り注ぐ太陽のもと休暇を満喫した。その様子は「最高のホリデー」という言葉とともにデボラのFacebookにも投稿された。ところが昨年8月、2人はイギリスの旅行代理店グループ「Thomas Cook Group plc(トーマス・クック・グループ)」にクレームを申し立てた。

その内容は2回の旅行でデボラとポールのほか、13歳と14歳の2人の子供たちが熱を出し下痢や胃けいれんなどを患い、吐き気に襲われたことによりホリデーが台無しになってしまったというもので、書類を作成する弁護士にも虚偽の報告をして旅行代理店に20,000ポンド(約297万円)の損害賠償を請求したのだ。

今年3月に、トーマス・クック側から「クレームに対する損害賠償金は支払わない」と伝えられたものの、2人は6月まで申し立てを続けた。この間、ホテル側は「衛生管理には何の問題もなかった」と主張している。また夫婦と親しくしていた従業員女性の1人が、Facebookを通じてデボラに「ひょっとして詐欺を働こうとしているのか」と尋ねていた。これにデボラは「ポールが借金を抱えていて、法の抜け穴を何とか利用できないかと思ったが、馬鹿なことをした。申し訳ない」と謝罪していたものの、トーマス・クック側へのクレームを取り下げることをせず、結局逮捕されることとなった。

今年7月13日、初公判となったリバプール治安判事裁判所には、2人の詐欺に加担したとされ2件の詐欺容疑で逮捕・起訴されたデボラの娘シャーリーン(30歳)も出廷したが、3人は「何も悪いことはしていない」と述べ、計6件の詐欺容疑について完全否定した。しかし「旅先での病を偽り損害賠償を請求するというのは、イギリスの犯罪裁判では前代未聞のケース」とこの件を重く受け止めた判事の決断により、リバプール刑事法院での公判が行われることになった。

10月13日の公判では、デボラとポールは4件の詐欺罪および8つの虚偽の事実を認めたことで、娘シャーリーンの起訴は取り下げられた。デボラの弁護人ロイド・モーガン氏は「普段は子育てに懸命な母親であり、今回の行為をとても恥じている。子供たちのためにも寛大な処置をお願いしたい」と述べ、ポールの弁護人チャールズ・ランダー氏は「家族思いの被告は2つの仕事をかけ持ちしており、基本的にはこのような犯罪を企てるような人物ではない。しかしパブでアイデアを聞いたことからうまくやれば罪に問われないという言葉を愚かにも信じてしまった」と弁護した。しかし今回の件で28,000ポンド(約416万円)の法的費用に加え、旅行代理店側は19,958ポンド(約297万円)の損失を受けており、デイヴィッド・オーブリー判事は両被告をこのように厳しく糾弾した。

「両被告のクレームは嘘で塗り固められており、用意周到に計画されたものであったに違いない。簡単に騙せると思ってやったことだろうが、両被告の行為は何もないところから利益を貪り取ろうとする貪欲さ以外の何ものでもなく、旅行代理店を陥れようとした罪は重い。この犯罪はイギリスの旅行業界だけでなく、正直な旅行者たちにも大きな衝撃を与えることとなり、旅行価格の値上げを導くことにもなった。両被告には懲役刑が科せられて当然と言える。」

結果としてデボラには9か月、ポールには1年3か月の懲役が言い渡された。判決を耳にした両者は号泣しポールは首を横に振る仕草を見せ、公判に出廷していたシャーリーンが泣き叫ぶ姿が見られたという。このニュースを知った人々からは「刑期が短い。2年は必要」「同罪なのになんで同じ刑期にしないの? 平等にすべき」「こういう奴らが、本当のクレームへの損害賠償請求をより困難にさせるんだ」「愚かで貪欲で最低な奴らだ。しかもホリデー2回分のクレームなんてずうずうしい。旅行会社だけでなくホテル側もいい迷惑だよ」「親のくせに、子供のことを全く考えていない身勝手で無責任な犯罪だ」「こうした詐欺行為は計画的な故意による犯行だから絶対に許しちゃいけない」「判事はよく言った。こんな2人懲役刑で当然でしょ」といった批判が殺到している。

画像は『Metro 2017年10月13日付「Couple who made fake Thomas Cook holiday sickness claims jailed in landmark case」(Picture: Facebook)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)