日本は43位に順位を上げたオーストラリアに抜かれた。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 国際サッカー連盟(FIFA)が16日、最新のFIFAランキングを発表した。
 
 日本は前回(9月14日)から4ランクダウンの44位となり、12月1日に行なわれるロシア・ワールドカップの組み合わせ抽選で、ポッド4に入ることが濃厚になった。また、43位にジャンプアップしたオーストラリアに抜かれ、アジア3番手に後退している。

 アジア最高位のイランは、前回から9つ順位を下げた34位に。上位陣に変動はなく、1位がドイツ、2位がブラジル、3位がポルトガル。来月に日本と対戦するベルギーも5位をキープした。
 
 上位陣とアジア勢のランキングは以下のとおり。
 
【FIFAランキング】
1位 ドイツ
2位 ブラジル
3位 ポルトガル
4位 アルゼンチン
5位 ベルギー
6位 ポーランド
7位 フランス
8位 スペイン
9位 チリ
10位 ペルー
…………………………
34位 イラン
…………………………
43位 オーストラリア
44位 日本
57位 中国
62位 韓国
63位 サウジアラビア