スペインの首都マドリードで、議会に出席したソラヤ・サエンスデサンタマリア副首相(左)とマリアノ・ラホイ首相(2017年10月11日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】スペイン中央政府は16日、北東部カタルーニャ(Catalonia)自治州のカルレス・プチデモン(Carles Puigdemont)州首相が同国からの独立を宣言したのか否か明確にしていないとして、同氏に対して19日午前10時(日本時間同日午後5時)までに立場を明らかにするよう改めて求めた。

 中央政府のソラヤ・サエンスデサンタマリア(Soraya Saenz de Santamaria)副首相は記者会見で、「中央政府からの求めに対し、カタルーニャ自治州首相が回答しないと決めたことは残念だ」と述べ、「われわれが求めていたこと、また求めているのは明確さだ」と強調した。

 これに先立ってスペインのマリアノ・ラホイ(Mariano Rajoy)首相はプチデモン氏に対し、10日に行われた州議会演説がスペインからの独立宣言だったのか否か、16日午前10時(日本時間午後5時)までに立場を明示するよう求めていた。
【翻訳編集】AFPBB News