上海上港のフッキ【写真:Getty Images】

写真拡大

18日にACL準決勝第2戦開催…上海上港FWフッキが日本を語る「常に心の中にある」

 サッカーのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝、浦和レッズ対上海上港の第2戦は18日に埼玉スタジアム2002で行われる。決勝進出を懸けた一戦を前に、かつてJリーグに所属した上海上港の元ブラジル代表FWフッキは、 “凱旋”に際してアジアサッカー連盟(AFC)公式サイトで「日本は常に心の中にある」と語った。

 9月27日の準決勝第1戦では、前半15分にフッキの左足が炸裂。ゴールから約25メートルの位置で左足を強振すると、地を這うような弾道のシュートが浦和ゴールに突き刺さった。AFC公式ツイッターも「雷のような一撃」と称える得点で先制したが、同27分に浦和のMF柏木陽介がボレーで同点弾を決め、結局、試合は1-1で終了した。

 フッキは2005年に初来日し、川崎フロンターレ、(北海道)コンサドーレ札幌、東京ヴェルディに在籍。2008年夏にポルトガルの強豪ポルトへ移籍するまで、Jリーグで約3年半プレーした経験を持つ。ACL制覇を果たした2007年以来の決勝進出を目指す浦和の地に乗り込む31歳のブラジル人FWを、AFC公式サイトは「日本は常にフッキにとって特別なもの」と見出しを打って特集。元Jリーガーの“心の声”を掲載している。

「僕はとても若い時に日本に足を運んだ。ちょうど18歳の時だ。僕の日本で積み上げた思い出は、サッカーから来るものだけでなく、人生そのものなんだ。だから、日本は常に心の中にあるし、日本で過ごした時間は僕にとって最高の思い出だ。僕の覚えている限り、日本でプレーした最後の試合は東京ヴェルディの一員として戦った浦和レッズ戦なんだ。そして、僕はその試合でゴールを決めたのさ!」

槙野もフッキを警戒「彼はビッグネームであり、ファンタスティックな選手」

 海外移籍前の日本ラストゲームは2008年7月の東京V対浦和戦。試合には2-3で浦和に敗れたが、フッキはゴールを決めて意地を見せている。当時の記憶は今も鮮明に残っているようだ。

 AFC公式サイトは、フッキとマッチアップすることが予想される浦和の日本代表DF槙野智章のコメントも紹介。「彼はビッグネームであり、ファンタスティックな選手です。とにかく分厚くてムキムキな体格はまるで別の生き物。僕はキャリアを通して多くの並外れた選手とマッチアップしてきましたが、ここ数年では彼こそが明確にインパクトを残した選手です。彼と再びマッチアップできることを楽しみにしています」とその印象を語ったという。

 記事では、「フッキがJリーグを去って10年が経つが、彼は2008年以来の悲願となるACL優勝の希望を抱く日本に引導を渡すため、懐かしい土地に帰ってくる」と伝えている。

 再び訪れる日本の地で、フッキの思い出にはどのような1ページが加わるのだろうか。