中村敬斗はここまで全3試合に先発出場している日本唯一の選手。第1戦ではハットトリックも達成した【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

インド人もびっくりの大活躍。注目度は久保に匹敵

U-17日本代表は、現在インドで開催中のU-17W杯で決勝トーナメント進出を果たした。しかし、この先は茨の道。次なる対戦相手のイングランドは大会屈指の実力を誇る優勝候補である。負けたら終わりの大一番を前にして、ここまで4得点を挙げている中村敬斗はプレーと言葉でチームに奮起を促していた。(取材・文:舩木渉【コルカタ】)

--

 インドで取材をしていると、地元の記者に囲まれて質問攻めに遭うことがある。「アジアで最も強い国だから」という理由で、インドメディアがU-17日本代表の練習に数十人規模で押し寄せるのには驚いた。

 しかし、彼らからの質問はピッチ内での事象からかけ離れたものが多く、「Jリーグはいつ開幕したんだ?」「中田英寿は今何をしているんだ?」といった内容。選手には「キャプテン翼を読んだことはあるか?」「インドでの生活はどうだ?」といった質問が飛ぶ。

 そして、中でも最も多かったのが「久保建英は『ジャパニーズ・メッシ』と呼ばれているようだが、彼の評価は?」という問いである。グループステージを終えても同様の質問は絶えないが、その流れが変わったのが8日のU-17W杯グループステージ初戦・ホンジュラス戦後のことである。

 日本が6-1で大勝した試合で、もちろん久保も活躍したが、それ以上のインパクトを残したのが中村敬斗だった。ハットトリックを達成したアタッカーについて、ホンジュラスの監督も「久保以外にあれほどのFWがいたとは…」と驚きを隠せない様子だった。

 インド人記者たちも、しきりに「中村とは何者だ?」「中村はどこでプレーしている?」「中村は日本で有名なのか?」と、日本人記者たちに迫るようにして情報を求めてきた。

 それらの問いに答えるとすれば、中村は現在のU-17代表のエース格であり、ずっとそのチームとともに歩んできた選手である。そして21人の日本代表の中で唯一Jリーグクラブの下部組織以外から選ばれた選手でもある。

 ハットトリックを成し遂げて「正直驚いていますし、やっぱりチームでずっと頑張ってきて、ずっと長い代表活動をやってきて、この大舞台でハットトリックできたのは最高です」と喜びを語っていた中村は、開幕戦の前にこんなことを話していた。

「個人としては世界に打って出るというか、いい意味でアピールできる場なので、いいプレーをして、ちょっと目をつけてもらえたらいいかなと思います」

「このままの雰囲気でいったら完全に食われる」

 W杯は選手として世界にアピールする場。野心的で、将来へのモチベーションに溢れている選手だと理解した。というのも、今年の夏に高校卒業を待たずしてプロ入りするのではないか、という報道が出ていたこともあり、少なからず個人的なアピールを意識しているだろうと考えていたからだ。

 しかし、その認識は誤っていたと認めなければならない。彼が意識しているのはあくまでチームの勝利であると、強く感じさせるパフォーマンスをグループステージの3試合で見せていた。

 11日のグループステージ第2戦・フランス戦に敗れて迎えた14日の第3戦・ニューカレドニア戦。中村はチームで唯一3試合連続の先発出場となった。周囲のメンバーは大きく変わり、全く別のチームと言っても過言ではない状況である。

 そんな中で、背番号13は孤軍奮闘した。何度もドリブル突破を仕掛け、果敢にシュートやクロスまで持ち込む。ミスを恐れて消極的になっていたチームを、自らのプレーで鼓舞しようとしているようだった。後半に足をつって交代するまで、チームのために全力で走り続けた。

 日本のチームは非常に雰囲気がいい。全員の仲がよく、「一体感」を武器に挙げる選手も多くいる。しかし、中村はそれが少々「ぬるい」と感じているのかもしれない。ニューカレドニアと1-1で引き分けた後、優勝を目指すと公言しているチームにこう警鐘を鳴らした。

「このまま僕たちのぬるい雰囲気でいったら(イングランドに)完全に食われるので、2戦目のフランス戦…ぬるくはなかったと思うんですけど、ギアを上げないとマズいと思います」

 チーム内のどこかに「このまま続けていればいける」という慢心があったのかもしれない。自分たちの戦い方を信じるあまり、ピッチ内で予想外のことが起きても対応しきれない場面は多々見られた。全員がもう一段階成長しなければ、目標に掲げた「決勝」は目標のまま終わってしまう。中村はその危険をいち早く察知していた。

ピッチで示した確かな成長。あくまでチームの勝利を目指して…

 個人としては現時点でフランスのFWアミン・グイリの5得点に次ぐ4得点を挙げ、得点王争いで単独2位につけている。ニューカレドニア戦でも個人突破から1ゴールを奪ったが、そこに100%の喜びはなかった。中村から利己的な意識は消えていた、いや、そもそもなかった。

「個人タイトルは本当に全然、何も気にしていなくて。チームとして必ず優勝するという目標があって、そのオマケとして個人の結果があると思うので、そんなに自分が自分が…とならずに。(ニューカレドニア戦の)1点目はもちろん自分で仕掛けて、コースが空いていたので撃っただけで、他の部分はクロスでアシストしたりもしたかったので、あまり利己的なプレーばかりしないで、1タッチ、2タッチで崩していきたいと思います」

 ニューカレドニア戦で中村が見せた多少強引にも見える仕掛けや、力尽きるまで闘い続けるファイティングスピリットは、消極的なプレーに終始するチームに「目を覚ませ」と投げかけているようだった。「このままだと食われる」という危機感が生んだプレーだったのかもしれない。

 もちろん個人としての確かな成長も見せている。これまで苦手とされていた左足でのシュートも「左右大差なく蹴れるようになった」と語る通り、ホンジュラス戦で2つのゴールとなって結果に結びついた。

 森山佳監督の指導で「みんなより少し劣っていた」というハードワークも身につけた。「普段自分のチーム(三菱養和SCユース)でやるようにやっていたら、代表には置いていかれる、ついていけない」と痛感し、意識を変えて自らを追い込み、磨きをかけてきた要素でもある。

 もちろん武器であるドリブルやシュートでは「負けたくない」と、研鑽を続けている。それでも中村が追い求めるのはチームの勝利であり、そのためには危機感を言葉にして、周囲に自分の思いを伝えている。

 17日に決勝トーナメント1回戦で対戦するイングランドは、これまでに対戦したホンジュラスやフランス、ニューカレドニアといったどのチームよりも一層強力であることは間違いない。それは日本の選手たちもスタジアムで目の当たりにしただろう。

 中村が発した危機感をチーム全体が受け止め、短い時間で課題を修正し、次なる壁を乗り越えられるか。背中で引っ張る“利他のエース”が日本をベスト8、そしてその先へと導いていく。

(取材・文:舩木渉【コルカタ】)

text by 舩木渉