いよいよ就航日10月29日に決まった、エアアジア・ジャパン。きょうにも発表というタイミングで、ジェットスター・ジャパンが「片道6円」という、数年ぶりの強烈なセール運賃の発売を午前10時に発表しました。しかも”名古屋/中部発着全路線”という気合の入れよう。すでに拠点である成田や関西は蚊帳の外で、エアアジア・ジャパンに対抗しようというのがミエミエです。

すでに多くの報道があったように、きょう午後1時にはエアアジア・ジャパンの就航も発表されました。ジェットスター・ジャパンに対抗したのか、その前から計画していたのかはよくわかりませんが、”ご縁”から片道5円だそうです。就航時は札幌/千歳線の1路線しかないので、まだご縁がないという人もいそうですが、とりあえず挑戦して、運良く取れたら札幌に行ってみようという人もいそうです。取れなかったからご縁がなかったという人もいそうですけれど。

名古屋/中部〜札幌/千歳線では、ジェットスター・ジャパンの設定席数は600席。エアアジア・ジャパンは設定席数の発表はありませんが、就航まであまり時間がないこともあり、設定席数はさらに多い、捨て身のプロモーションを行うのではないかと推測できます。あのトニー・フェルナンデス氏なら期待を裏切らないでしょう。少なくとも600席なんてケチ臭いことは言わないはずです。

ところで、ジェットスター・ジャパンの片道6円と、エアアジア・ジャパンの片道5円、どっちがお得なのでしょう。両社が就航する、名古屋/中部〜札幌/千歳線で比べてみましょう。

■エアアジア・ジャパンなら日帰り利用もできる

名古屋/中部〜札幌/千歳線は、ジェットスター・ジャパンは1日最大2便、エアアジア・ジャパンは1日2便を運航します。エアアジア・ジャパンは1日4便に増便するという噂もありますが、現状は便数に大差はありません。

参考までに以下に10月29日から11月30日までのダイヤを掲載します。これでわかるのは、ジェットスター・ジャパンを名古屋/中部発着で利用する場合、少ない休みを活かした観光旅行では現地滞在時間が短くなるということです。一方で、エアアジア・ジャパンでは朝に出発し、夜に帰着するスケジュールで、日帰りでの利用もできます。保有する2機で1日に2便しか飛ばさないので、遅延のリスクも低そうです。

また札幌/千歳発着で利用する場合も、ジェットスター・ジャパンは週末利用では金曜発を除いてあまり利便性が高いスケジュールとは言えません。滞在日数や目的なども含めて考えたいところです。

■ダイヤ

・ジェットスター・ジャパン

GK183 名古屋/中部(14:15)〜札幌/千歳(16:00)/月・水・金・日(11月1日〜30日)、10月31日・11月2日・4日

GK185 名古屋/中部(17:25)〜札幌/千歳(19:10)/月・火・木・金・土・日(10月31日は運休)

GK180 札幌/千歳(09:30)〜名古屋/中部(11:30)/月・金・日・11月2日・4日

GK186 札幌/千歳(16:35)〜名古屋/中部(18:35)/月・水・金・日(11月1日〜30日)

GK188 札幌/千歳(19:45)〜名古屋/中部(21:45)/火・木・土(11月7日〜30日)

・エアアジア・ジャパン

DJ0001 名古屋/中部(07:35)〜札幌/千歳(09:25)

DJ0009 名古屋/中部(17:10)〜札幌/千歳(19:00)

DJ0002 札幌/千歳(10:00)〜名古屋/中部(12:05)

DJ0010 札幌/千歳(19:35)〜名古屋/中部(21:40)

実質価格はどちらがお得か

ジェットスター・ジャパンが「片道6円」、エアアジア・ジャパンは「片道5円」ですが、預け入れる手荷物の料金や支払い手数料などを考慮する必要があります。

●ジェットスター・ジャパン

名古屋/中部発:6円(運賃)+310円(空港施設使用料)

札幌/千歳発:6円(運賃)+310円(空港施設使用料)

受託手荷物料金:1,550円(15キロ)、1,700円(20キロ)

座席指定料金:1,190円(エクストラ・レッグルーム)、690円(アップフロント)、490円(スタンダード)

支払手数料:500円(クレジットカード/1人1区間あたり)、650円(コンビニ・銀行ATM/1人1区間あたり)

●エアアジア・ジャパン

名古屋/中部発:5円(運賃)+310円(空港施設使用料)

札幌/千歳発:5円(運賃)+310円(空港施設使用料)

受託手荷物料金:1,200円(15キロ)、1,400円(20キロ)

座席指定料金:900円(1・12・14列目)、600円(2〜5列目)、450円(6〜11列目)、400円(15〜31列目)

支払手数料:400円(クレジットカード/1人1区間あたり)、500円(コンビニ決済/1人1区間あたり)、150円(銀聯決済/1予約あたり)

両社ともに、運賃と空港施設使用料をあわせた料金には大差ありません。大きく異るのは受託手荷物料金や座席指定料金です。15キロまでの荷物を預けた場合、ジェットスター・ジャパンでは1,550円かかるのに対し、エアアジア・ジャパンでは1,200円と350円割安です。

座席指定料金も足元が広い1列目や非常口座席では、ジェットスター・ジャパンが1,190円であるのに対して、エアアジア・ジャパンは900円と割安です。このように比較すると、エアアジア・ジャパンはジェットスター・ジャパンの価格設定を意識したものであることがよくわかります。

さらに異なるのは支払手数料です。クレジットカードを利用した場合、エアアジア・ジャパンでは400円ですが、ジェットスター・ジャパンでは500円と割高です。エアアジア・ジャパンのみ対応している銀聯カードで支払った場合が一番オトクになり、銀聯カードのみクレジットカードで支払う場合は1人1区間あたり、つまり往復では2倍、2人が往復するには4倍の支払い手数料が必要であるところ、わずか150円で済むのです。これを生かさない手はありません。

これらをまとめると、以下のようになります。

★預入手荷物ゼロ、1人で片道利用をし、クレジットカードで支払った場合(名古屋/中部発、札幌/千歳発ともに)

ジェットスター・ジャパン:6円(運賃)+310円(空港施設使用料)+500円(支払手数料)=816円

エアアジア・ジャパン:5円(運賃)+310円(空港施設使用料)+400円(支払手数料)=715円

★預入手荷物15キロ&最安の座席指定を追加し、2人で往復利用し、クレジットカードで支払った場合(名古屋/中部発、札幌/千歳発ともに)

ジェットスター・ジャパン:6円(運賃)+310円(空港施設使用料)+1,550円(受託手荷物料金)+490円(座席指定料金)+500円(支払手数料)=2,856円×2(人)×2(往復分)=11,424円

エアアジア・ジャパン:5円(運賃)+310円(空港施設使用料)+1,200円(受託手荷物料金)+400円(座席指定料金)+400円(支払手数料)=2,315円×2(人)×2(往復分)=9,260円

★預入手荷物15キロ&最安の座席指定を追加し、2人で往復利用し、最安の決済手段で支払った場合(名古屋/中部発、札幌/千歳発ともに)

ジェットスター・ジャパン:6円(運賃)+310円(空港施設使用料)+1,550円(受託手荷物料金)+490円(座席指定料金)+500円(支払手数料)=2,856円×2(人)×2(往復分)=11,424円

エアアジア・ジャパン:5円(運賃)+310円(空港施設使用料)+1,200円(受託手荷物料金)+400円(座席指定料金)=1,915円×2(人)×2(往復分)=7,660円+150円(銀聯カード支払手数料)=7,810円

このように、複数人になればなるほど、オプションを追加すればするほど、ジェットスター・ジャパンとエアアジア・ジャパンの料金差が開くことになります。

ジェットスター・ジャパンを割安にするには

ジェットスター・ジャパンでは、「最低価格保証」のサービスを提供しています。

ジェットスター・ジャパン便の前後1時間以内に同路線を運航する他社便のほうが運賃が安い場合、チャットを通じて申請し、オペレーターが確認した時点で購入可能であれば、他社便の価格より10%割安にするというもの。今回対象となるのは、名古屋/中部発は1便、札幌/千歳発は2便です。

GK185 名古屋/中部(17:25)〜札幌/千歳(19:10)/月・火・木・金・土・日(10月31日は運休)

DJ0009 名古屋/中部(17:10)〜札幌/千歳(19:00)

GK180 札幌/千歳(09:30)〜名古屋/中部(11:30)/月・金・日・11月2日・4日

DJ0002 札幌/千歳(10:00)〜名古屋/中部(12:05)

GK188 札幌/千歳(19:45)〜名古屋/中部(21:45)/火・木・土(11月7日〜30日)

DJ0010 札幌/千歳(19:35)〜名古屋/中部(21:40)

※GKはジェットスター・ジャパン、DJはエアアジア・ジャパン

受託手荷物料金や支払手数料等は含まれず、運賃、燃油サーチャージ、諸税のみが対象となるので、ジェットスター・ジャパンのセール対象外の日であっても、条件を満たせば他社価格の10%割引、283円(諸税込み、支払手数料別)で購入できるということになるので、コネタとして頭の片隅に置いておきましょう。

セールの開始は、エアアジア・ジャパンはあす17日午前0時、ジェットスター・ジャパンは6路線日替わりとなり、最初のセールはあす17日午後6時です。みなさん、グッドラック!

■関連記事エアアジア・ジャパン、名古屋/中部〜札幌/千歳線に10月29日就航 運賃は4,190円からエアアジア・ジャパン、就航記念運賃は「5円」 10月17日発売開始ジェットスター・ジャパン、名古屋/中部発着全路線を「片道6円」で販売!