画像提供:マイナビニュース

写真拡大

トヨタ自動車は16日、人工知能を搭載することで人を理解し、人とクルマがパートナーの関係となるモビリティ社会の未来像を具現化したコンセプトカー「Concept-愛i(コンセプト・アイ)」シリーズの概要を公表した。

「2017 International CES」に出展した四輪モデルの「Concept-愛i」に加え、ユニバーサルな小型モビリティ「Concept-愛i RIDE」、歩行領域のモビリティ「Concept-愛i WALK」を、同シリーズに追加して「第45回 東京モーターショー2017」(東京ビッグサイトで10月25日から開催。10月28日から11月5日まで一般公開)に出展する。

「Concept-愛i」シリーズに共通するコア技術は、人工知能を応用してドライバーの感情認識や嗜好推定を行う"人を理解する"技術「Learn」。これに自動運転技術を組み合わせてドライバーを"安全・安心"「Protect」に導くほか、エージェント技術と組み合わせることでドライバーの気持ちを先回りした提案を可能とし、ドライバーに"新しいFun to Drive"「Inspire」をもたらすという。

新たに発表された「Concept-愛i」シリーズは、車いすユーザーや高齢者など誰もが自由に移動できるユニバーサルな小型モビリティ「Concept-愛i RIDE」と、歩行者と同じ空間を自由に動ける歩行領域のモビリティ「Concept-愛i WALK」の2モデル。

「Concept-愛i RIDE」は「人にやさしい都市モビリティ」をコンセプトに、ユニバーサル性を重視した小型モビリティ。ガルウィング、電動ユニバーサルスライドシート、ジョイスティックなどを採用し、車いすユーザーにとって使い勝手の良いモビリティを追求した。シートレイアウトや自動運転機能により、誰でも「安全・安心」に運転できるクルマを提供し、シェアリングサービスでの活用も想定してより多くの人と共有することで、ユニバーサルなモビリティを手軽な存在としている。

「Concept-愛i WALK」は、歩行空間になじむコンパクトなサイズと自動走行機能により、「安全・安心」に行動範囲を広げることができるモビリティ。三輪・ホイールベース可変機構・ステア操舵による簡単操作および低床フロアにより、服装や履物を選ばず気軽に使用可能とし、観光地などでのシェアリングサービスなどの活用も想定している。