11月11日公開の映画『人生はシネマティック!』より、新場面写真が公開された。

参考:なぜ『ダンケルク』は“薄味”に感じるのか? ノーラン監督の作家性と“戦争映画”としての評価を考察

 本作は、第二次世界大戦中のロンドンを舞台に、“ダンケルクからの撤退”に力を貸した双子の姉妹のプロパガンダ映画の脚本を依頼された、執筆経験ゼロの主人公カトリンの姿を描いたヒューマンドラマ。政府や軍からの検閲や、老俳優からの無茶な要求に答えつつ、より良い映画を作ろうと奔走するカトリンの姿を映し出す。

 新人脚本家・カトリンを演じるのは『タイタンの戦い』『プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂』のジェマ・アータートン。カトリンを取り巻く男性俳優陣に、サム・クラフリン、ビル・ナイが出演する。監督は『ワン・デイ 23年のラブストーリー』のロネ・シェルフィグが務める。

 クラフリン演じるトム・バックリーは、情報映画局の特別顧問を務める脚本家。カトリンを脚本家に推薦した張本人であり、皮肉屋な彼は人付き合いが上手くなく、カトリンとも衝突を繰り返すが、徐々に親しみと共感を抱いていく。また、ナイが演じるアンブローズ・ヒリアードは、カトリンとトムが手がける脚本に対し、セリフを増やせと要求するわがままを強いるベテラン俳優。脇役としての出演に不満を感じるが、彼もまた徐々にカトリンたちに心を開き、ともにより良い映画を目指していく。

 公開された場面写真では、そんな2人が凛々しく座っている姿や、映画撮影中の風景などが写し出されている。(リアルサウンド編集部)