C大阪FW杉本が股抜きから圧巻ゴール 歓喜で「グーパンチしてしまった」相手とは…

写真拡大

鳥栖戦で逆転劇の口火を切った杉本、相手を翻弄して左足を一閃

 J1セレッソ大阪は15日のリーグ第29節、敵地サガン鳥栖戦で2-1と逆転勝利を飾った。

 この一戦で逆転劇の口火を切ったのが、日本代表のFW杉本健勇が見せた圧巻ドリブルからの一撃だった。

 試合は前半23分に鳥栖FWビクトル・イバルボのPKで先制されるも、直後の同25分に成長著しいC大阪の長身アタッカーが輝きを放つ。

 C大阪のDFマテイ・ヨニッチのクリアに反応したMF清武弘嗣が頭で前線にボールをつなぐと、相手と競り合いながらもボールを収めた杉本が前を向いてドリブルを開始する。鳥栖のDFキム・ミンヒョクとDF藤田優人が寄せるなか、杉本はまたぎフェイントで相手を揺さぶると、右足でボールを前に押し出し、藤田の股下に上手くボールを通して翻弄。相手DF二人に挟まれそうになりながらも、力強い突破でエリア内へ侵入した杉本は、倒れ込みながら左足を振り抜き、ゴール右上にシュートを叩き込んだ。

 10日の国際親善試合ハイチ戦で日本代表初先発&初ゴールをマークした杉本は、日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督が視察に訪れた御前試合で強烈な存在感を示した。その後、後半13分にMF清武がヘディング弾を決めて、最終的にC大阪が2-1と逆転勝利を収めている。

杉本は「テンション上がって…」と反省

 試合後、杉本は自身の公式インスタグラムを更新し、ハッシュタグで「#あ、今日ゴールした時テンション上がって曜一朗くんの胸に2発くらいグーパンチしてしまった。笑 #ごめんなさい」と反省。ゴール直後、キャプテンのFW柿谷曜一朗が祝福するなか、杉本は歓喜のなかで思わず手が出てしまったようだ。Jリーグ公式YouTubeチャンネルで公開されたゴール映像にも、“グーパンチ”の瞬間が収められている。

 来年6月のロシア・ワールドカップで日本代表入りが期待される杉本は、現在リーグ5位のC大阪で得点ランク3位の17得点をマーク。同ランク1位の浦和レッズFW興梠慎三とは2得点差と肉薄するなか、自身初の得点王も射程圏内に捉えている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】Jリーグ公式YouTubeチャンネルで公開、C大阪杉本が見せた股抜きから圧巻ゴール&“グーパンチ”の様子

https://www.youtube.com/watch?v=tg7qNMtpY28

Jリーグ公式YouTubeチャンネルで公開、C大阪杉本が見せた股抜きから圧巻ゴール&“グーパンチ”の様子