ソノシートの世界とは?

写真拡大

かつて、ソノシートと呼ばれるメディアがありました。これは薄型のレコードというもので、プレイヤーに載せるとそのまま再生することができます。非常に薄いため雑誌や書籍に付録としてはさみこむことができ、さまざまな用途でソノシートが作られました。そうした用途のひとつがアニメなどの子供向けメディアの付録としてのソノシートです。

どんなものがある?

水落隆行による『日本懐かしソノシート大全』 (辰巳出版)は、日本一のソノシート収集家による著者のコレクションが内容の解説とともに記されています。ソノシートのテーマとなるアニメは『ウルトラマン』などの特撮ヒーローものから『妖怪人間ベム』など怪奇妖怪ものや、『おそ松くん』『天才バカボン』などの伝説のギャグマンガ作品も含まれています。さらには男の子向けメディアばかりではなく『ひみつのアッコちゃん』『リボンの騎士』など少女漫画のソノシートも作られていました。

レア物ソノシートも

ソノシートは雑誌の付録として作られたものばかりではありません。例えば、抽選に応募して当選しないともらえないレア物ソノシートもありました。いまはスマホを開けばすぐにオンラインで音楽を聴くことができますが、かつてはソノシートのようなメディアを保有し、それを専用の機械を使って聴くといった体験をすることができたのです。こうした当たり前の体験の記憶は失われつつありますので、本書は貴重な本と言えるでしょう。