画像提供:マイナビニュース

写真拡大

シンガポールのLCCスクートとタイのLCCノックエアーの合弁航空会社であるノックスクートは、12月2日〜2018年1月4日、訪日旅客向けにバンコク(ドンムアン)=成田間でチャーター便を17往復運航する。

このチャーター便はボーイング 777-200ERを使用し、座席数は415席(スクートビズ24席、エコノミー391席)となる。ノックスクートは2014年の設立直後よりチャーター便の運航を開始しており、今回も計7,000人以上のタイからの訪日旅客を予定している。

ノックスクート日本支社長の坪川成樹氏は、「日本を訪れるタイ人観光客数は年を追うごとに増加しており、東南アジア向けの訪日ビザ要件が緩和されたことや、日本への新規路線開設を取り巻く環境が大きく改善される見込みがあるため、急速に成長するタイからの観光需要を取り込み日本への渡航をより一層促進させ、タイと日本における経済の活性化に貢献できるよう努めます。また"いつか行きたい日本"から"今行きたい日本"への多様化する観光需要に応えるため、チャーター便だけでなく、定期便開設の準備も進めてまいります」とコメントしている。