画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●若い女性からリアクション芸人まで

コンパクトなボディでダイナミックに思い出を残せるアクションカメラを開発してきたGoPro。以前はスポーツ好きの男性を中心に注目を集めていましたが、近年はInstagramで「#goproのある生活」「#gopro女子」といったハッシュタグがつく写真が数多く投稿されるなど、若い女性にも人気が広がりつつあります。

日本を含むアジア市場での売り上げが急伸していることから、9月にGoPro COOのCharles "CJ" Prober氏が来日。単独インタビューの機会を得ました。

○GoProにとって日本は重要な市場

――聞き手(らいら): 今回の来日の目的を教えてください。

Prober氏: 我々は世界各国の重要市場に定期的に足を運ぶことを重視しています。日本は我々にとって重要なマーケットですので、リテールパートナーがどのように販売しているか視察しに来ました。GoProブランドを今後店舗内でどのように見せていけばよいか考えています。

――これまで日本にいらっしゃったことはありますか?

Prober氏: 実は初めてです。アジアは何回も来ているのに、なぜ今まで行かなかったのか恥ずかしいくらいなのですが……。2017年1月にCOOに就任し、会社が日本を成長市場と判断したため、今回の来日が決まりました。ユーザーのトレンドや日本文化も、街歩きすることでわかってくるので、日本を視察できてうれしいです。

――市場視察をしていかがでしたか。

Prober氏: 秋葉原と新宿の家電量販店を視察しましたが、本当に素晴らしいと思います。我々はただ製品を買うだけでない、購入体験を重視しています。その点でも、日本の店舗は商品を陳列するだけでなく、いろいろな情報を並べて見せているのが特徴だと思います。

店員さんの知識も豊富ですし、販売能力も素晴らしい。GoProにどんな価値があるのかよくわかって話をされていますし、店舗のスペースを確保して、GoProがいい場所に置かれていました。消費者に知識を授けることに投資をしてくださっている印象です。

個人的には今回の来日で日本に恋に落ちたので、来年2月に娘と一緒に再び行きたいと思っています。今朝も3時に起きて築地の魚市場に行きましたよ(笑)。

○若い女性からリアクション芸人まで

――2017年上半期におけるGoProの日本での売り上げは、2016年の同時期と比較して約2.4倍と急伸しています。

Prober氏: 日本に関してはここ1年ほど前から投資を活性化させており、見込み通り堅実な結果が出ていると思います。また、日本は特に若い女性がいい受け取り方をしており、価値を感じてくれている。ソフトウェアも楽しく使ってくれています。この点が日本市場の差別化ポイントかなと思います。

――日本の若い女性の間では、GoProを使ったInstagramの投稿が活発で、「#goproのある生活」というハッシュタグはすでに57万件以上(取材当時)投稿されています。この現象はご存知ですか?

Prober氏: はい、すごくうれしいです。我々のブランドがいかに成功しているか、可視化されるもっともわかりやすい指標なので喜んでいます。GoProは競合に負けないクオリティと魅力を持っているから、みなさんもシェアしたいと感じてくれるのでしょう。

――実は、バラエティ番組でリアクション芸を撮影するときにもGoProのカメラがよく使われており、芸人さんやテレビ好きの間でも意外と知名度が高いです。

Prober氏: その映像を一度見せてもらったことがあります(出川哲朗さんのバンジー動画)。そちら方面にはまだ働きかけをしていないから、いくつか送ってみようかな(笑)。

――多方面で知名度が上がり、売り上げも順調なGoProですが、今後日本ではどのような展開を考えていますか。

Prober氏: 今後は販売店との取り組みを強化したいと思っています。今回の視察で、日本に合った製品を用意することが大切だとわかったので、適合性を大事にしたい。2017年度の下期はさらに知名度を広めるため、マーケティングへの投資をこれまでにないほど強化します。

もうひとつは、アスリートやコンテンツクリエイターなどのインフルエンサーに、GoProの魅力をより伝えていただけるよう働きかけをしていきたいです。アスリートはGoProのブランドと製品を愛してくださり、進んでシェアしてくださっています。各部門のチームも日本を一番の重点市場として取り組んでいるので、ぜひ下期に向けてこの2路線を強化していきたいです。

●GoProが目指す「アンテザードレンズ」とは?

○GoProのカメラを使えば自由になれる

――では次にソフトウェアについて聞かせてください。GoProはアクションカメラというハードウェアの印象が強いと思いますが、ソフトの重要性をどのように捉えていますか。

Prober氏: 私はGoProに採用された3年前から、ソフトウェア面を担当してきました。ぜひ覚えて帰ってほしいのですが、GoProが目指す重要なキーワードに「アンテザードレンズ」があります。カメラ製品はレンズが重要ですが、それがテザリングなしでスマホとつながることを指す造語です。

たとえば(撮影が許可された)コンサートなどでGoProのカメラを使えば、ポケットからスマホを出して撮影するよりも自由を感じられます。身体にマウントすれば両手は空くし、目線をスマホの画面まで下げなくていい。GoProのカメラを使えば自由になれる、それが「アンテザードレンズ」の目指すコンセプトです。

撮影後、いかに円滑にデータにアクセスできるかもポイントです。スマホとシームレスにつながることでシェアも楽になるので、重点的に考えていきたいと思っています。

これまででもっとも大きなソフトウェア開発は、動画の自動編集機能「QuikStories」です。撮影したデータの取り込みから、映像編集までを自動的に行えるため、編集の可能性が広がりました。ユーザーからのフィードバックでも「素晴らしい」と好評です。

「HD HERO」の発売以降、2,600万台が売れましたが、アプリがあることでさらに販売台数を伸ばせると考えています。今は自撮り棒を使う人が多いですが、5年後にその光景が見当たらなくなるのが、我々の成功の指標かなと思います。

――QuikStoriesにはAIが使われているとお聞きしたのですが。

Prober氏: 動画のいい瞬間を探し出す「ベストモーメント」機能にAIが使われています。機密情報なので詳細は言えませんが、人物の顔やタイミングなどをAIで拾っています。この機能は今後も改良していくつもりです。

――自動編集アプリは競合がいくつかありますが、他社との違いを教えてください。

Prober氏: エクスペリエンス(体験)です。編集時のUIやUXは一番優れていると思います。ベストモーメントの探し方は楽しいですし、編集自体も他社は勝てないほどのクオリティで変更をかけられます。音楽やエフェクトなどのセンスはフランスのクリエイティブチームが担当しています。編集体験が素晴らしいからこそ、アプリも好評なのだと考えています。

――今後ソフトウェア面でどのような進化があるのか、リリース予定の新機能などがあれば教えてください。

Prober氏: 詳細は言えませんが、今後1年〜1年半の間に、編集体験を向上させる新機能をリリースする予定です。スマホといかにスムーズに連係させるか、いかに編集を楽しくするか、アンテザードレンズに関する新機能などですね。

ひとつ言えるのは、11月発売予定の360度カメラ「Fusion」で撮った球体のコンテンツから、気に入った動画や写真を自分で切り出せる機能 (OverCapture機能)があります。

GoPro: This Is FUSION

――日本は2年後にラグビーW杯、3年後に東京五輪の開催を控えています。GoProのカメラが今後さらに普及すれば、スポーツイベントのシェアのスタイルも変わりそうですね。

Prober氏: 前回の五輪では、多くの選手が開会式や閉会式でGoProのカメラを使っていました。アスリートは本当にGoProが好きで、どんなスタジアムに自分が立っているか、シェアするのが大好き。だから2019年、2020年に日本で開催されるビッグイベントで、GoPro製品がどのように使われるか楽しみにしています。